fc2ブログ

『鳥取県の民家』を訪ねて(2)

0515asa三百田00郷土の里01 0515asa三百田01案内板01sam


№016④三百田家住宅

 5月15日(水)。 ゼミ生全員で今年度初の野外演習にでかけました。3年生はこれまでおもに報告書から学んできた民家平面図と実際の空間の関係、とくに「間(けん)」という寸法の概念を実感し、さらにドローンやGPSデジカメなどの機材の使い方を学ぶことを目的として活動しました。
 初めに、若桜町屋堂羅にある「若桜郷土文化の里」を訪れました。この敷地には、旧山陰合同銀行若桜支店社屋(現若桜町歴史民俗資料館・町建造物有形文化財指定)、無動山永福寺山門(現在廃寺・山門は町建造物有形文化財指定・金剛界胎蔵界曼陀羅は県指定・県博所蔵)とともに、№016④三百田家住宅主屋が移築公開されています。ここに示す番付は、012が『鳥取県の民家』の第1次調査番号、④が第3次調査番号です。今後のレポートでもこの番付の原則を踏襲していきます。
 県保護文化財の指定は報告書に先行する昭和39年(1964)に遡ります。もとは同じ若桜町の吉川という集落に屋敷を構えていましたが、昭和58年(1983)に建物は町に寄贈され、平成5年(1993)屋堂羅に移築されました。


0515asa三百田02実習風景00 0515asa三百田02実習風景00sam


 三百田家主屋は入母屋造の茅葺きで、典型的な「広間型三間取り」に復元されています。そのなかで畳が敷かれているのは「奥の間」だけであり、一間/半間がわかりやすいので、この部屋を演習の場所としました。四年生の先輩方に平面の描きかたを教えていただき、3年生も実際にその部屋の平面図を方眼紙に描いてみました。畳一枚(一間×半間)を方眼紙の2センチ×1センチとして平面を描き、さらに建具や天井などの略称や記号を書き込んで、より理解が深まりました。


0515asa三百田02実習風景02 0515asa三百田02実習風景01
↑(左)奥の間 (右)広間と奥の間の境
0515asa三百田03カマド01 0515asa三百田03縦長イロリ01縦
↑カマド(土間)と縦長のイロリ(広間)。イロリのキジリがそのままカマドの焚口になっている。


0515(藤井)三百田家住宅03 0515asa三百田04ドローン01sam縦


 その後、GPSデジカメによる外観・内部の撮影に取り組みました。一人が何枚か撮るわけですが、データベースに東経・北緯データを記入する場合、外観写真ではなく、内部写真の位置情報を採用するべきとのことです。撮影位置が画像に埋め込まれるからです。撮影された写真はグーグルマップと連動でき、パソコンの写真画像の横に地図があらわれるそうです。
 屋堂羅での最後の演習としてドローンによる空撮を行いました。もちろん管理人さんから許可を得ています。院生の先輩の指導のもと、3年生も何名かドローンを操縦し上空からの撮影を試みました。数十枚の空撮写真データをフォトスキャンで加工することにより、自動的に3Dが作成されるそうです。


0515asa三百田05跡地01 0515(藤井)三百田家住宅04跡地の石碑01


三百田家住宅跡地を訪ねて

 三百田家住宅の跡地は吉川という集落にあります。『鳥取県の民家』刊行時点では、ここに三百田家住宅は建っていたのです。前日、若桜町教委の方から所在地に関するデータを提供していただいていたので、それをカーナビに入力して目的地をめざしました。吉川は不動院岩屋堂(重文)から4キロばかり上流にあります。思いのほか大きな集落で、一つひとつの屋敷地もとても大きい。先生は「分限者(金持)の村」という表現を使われていました。村を歩いて当該の敷地を探していると、畑仕事をされている老夫婦に出合い、大変ていねいに対応していただきました。その畑のすぐ近くに大きな駐車場があり、そこが三百田家住宅の跡地でした。敷地の片隅に「三百田家住宅跡地」の石碑が立っています。三百田家住宅は近隣の居住者に買い取られたのですが、その世帯も村を出てしまっていますが、昼間畑仕事に来られるそうです。
 ここでもドローンを飛ばして、上空から敷地を撮影しました。老夫婦とともに、自らドローンを飛ばしているという村人が現場に来られましたが、ひろい駐車場でもあり、空撮は問題ないとおっしゃいました。


0515asa三百田02跡地05ドローン 0515basa岩屋堂02縦


不動院岩屋堂

 吉川からの帰りには、短時間でしたが、不動院岩屋堂(室町初期・重文)を訪れました。三徳山の三仏寺投入堂(平安後期・国宝)とおなじ岩窟/岩陰と複合した懸造(かけづくり)の密教本堂です。岩屋堂の脇の岩陰には神社も建っています。先生によると、おそらくその岩陰が初期の祭祀場であり、その聖地に隣接して岩屋堂を建て、最後に岩陰に神社を建てたのだろうとのことです。
 その後、道の駅で先生にソフトクリームをご馳走していただきました! 美味しかったです。


0515(藤井)岩屋堂01 0515basa岩屋堂01神社01


№012③矢部家住宅

 最後に旧八東町用呂にある012③矢部家住宅(17世紀・重文)を訪ねました。こちらは公開されておらず、外側からの短時間の観察になりました。矢部家は若桜と関わりが深い家柄です。戦国時代にあって、矢部家の祖先は若桜鬼ヶ城(国史跡)を築いた武家でした。天正年間(1573-92)に尼子氏の侵攻を受けて離散するも、子孫は用呂の地で帰農し大庄屋になったと伝えています。そうした武家の家柄を反映するのか、道に面して白壁の楼閣式長屋門と櫓風の土蔵を構えていますが、先生によると、これらは新しい建造物であり、その奥にある茅葺きの主屋が鳥取最古の民家の可能性がある17世紀中期ころまで遡るそうです。この日は長屋門より内側に入ることができませんでしたが、案内板等によると、主屋は広間型五間取に復原されているとのことです。
 矢部家のデータベースは私の担当ですので、実際に遺構を観察できたのは嬉しかったです。
 初めてのフィールド演習でしたが、平面図の描き方やドローンの操縦、GPSカメラでの撮影など、新しいスキルをたくさん知ることができてとても楽しかったです。少しでも先生や先輩方の役に立てるように吸収していきたいです。(新ゼミ生 お嬢)


0515basa矢部家03 0515basa矢部家02案内板sam

0515basa矢部家01



【連載情報】
(01)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2042.html
(02)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2044.html
   №016④三百田家(若桜吉川・県指定)  №012③矢部家(八頭用呂・国重文)
(03)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2046.html
(04)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2050.html
(05)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2051.html
(06)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2052.html
(07)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2053.html
(08)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2054.html
(09)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2055.html
   №027⑦福田家(紙子谷・国重文)  №025⑥西尾家(八頭万代寺)
(10)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2056.html
   №021⑤谷上家(佐治余戸)
(11)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2059.html
   No.011②木下家(布袋・県指定)  No.006①米山家(岩美外邑)
(12)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2060.html
   №023⑧西尾家(赤子田)  №030⑩奥田家(猪子・県指定)
(13)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2061.html
   №029⑨松本家(江津)
(14)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2069.html
   №040⑯小椋家(木地山)
(15)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2070.html
   №029⑨松本家(江津)2回目
(16)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2071.html
(17)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2075.html
(18)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2076.html
(19)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2077.html
(20)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2078.html
(21)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html
(22)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2080.html
(23)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2081.html
   №023⑧西尾家(赤子田)2回目
(24)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2082.html
   №086㉝福田家(日南上萩山)  №082㉜長谷家(日南萩山)  №088㉞石川家(日南笠木)
(25)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2083.html
   No.104㊲乃木家(日野黒坂)  №103㊱細木家(日野黒坂)  №097㊱内藤家(日野板井原)
(26)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2084.html
(27)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2085.html
(28)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2086.html
   №.051㉑小木家(東伯赤碕)  №052㉒門脇家(東伯赤碕)
(29)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2087.html
(30)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2088.html
   No.044⑱牧野家(関金町郡家)  No.041⑰鳥飼家(関金町大鳥居・県)
(31)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2089.html
   No.033⑫前家家(青谷奥崎)  №031⑪小谷家(鹿野町鹿野)
(32)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2102.html
   No.076㉚下原家(江府町俣野)  No.081㉛車家(江府町貝田)
(33)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2105.html
   No.106㊳生田家(伯耆町三部)  No.107㊴足羽家(伯耆町二部)
(34)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2106.html
   No.071㉗森田家(淀江町西尾)  No.070㉖田山家(淀江町淀江)
(35)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2096.html
   No.039⑮原田家(湯梨浜方面)  No.037⑫正木家(湯梨浜橋津)
(36)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2097.html
   新聞No.25中島家(岩美大谷)  新聞No.10福田家(鳥取市国安)
(37)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2098.html
   新聞No.22吉村家(鳥取市立川)  新聞No.11岩田家(鳥取市立川)
(38)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2116.html
   新聞No.20岡本家(国府町木原)  新聞No.18 山本家(国府町神護)
(39)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2117.html
   新聞No.16奥本家(用瀬町)  新聞No.17徳永家(用瀬町)
(40)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2122.html
   No.045⑲河本家(琴浦町箆津)  No.046⑳河本家(琴浦町箆津) 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR