fc2ブログ

『鳥取県の民家』を訪ねて(35)

0903 ⑮№039原田家 正面写真 0903 ⑮№039原田家 当時写真 1 0903 ⑮№039原田家 当時写真 2


湯梨浜町を訪ねて

 9月3日(火)。いままでの調査は先生や先輩に助けていただいて成り立っていたのですが、9月の東部調査は私単独でおこなってきています。この日は中部よりの湯梨浜、岩美、国安、立川の民家計6件を調査しました。まずは湯梨浜町にある2件を紹介します。
 No.039⑮原田家住宅 湯梨浜町方面の民家です。『鳥取県の民家』(1974)掲載の原田家は比較的新しく、明治期に建立された物件です。在方の庄屋を務めた原田家は調査当時、入母屋造茅葺で、庇を瓦葺にしていました。古図には元治元年(1864)のものがあり、明治に改修されて報告書時の姿になったようです。報告書の復原平面図には6間取りとされていました。


0903 ⑮№039原田家 玄関 0903 ⑮№039原田家 復原平面図復原平面図


 ご主人がヒアリングに応じてくださいました。現在のお宅は35年前の新築で、報告書掲載の民家は取り壊してしまい、旧主屋跡地に新居を建てたそうです。ただし、新居にも前身建物の古材をところどころ使用しています。基礎となる土台はそのままで、立派な欄間や掛け軸、玄関近くの大きな柱などは往時のままだそうです。新築ではあるけれども、どこか昔の家を感じられる、とご主人はおっしゃっていました。現在お子様は関東の方へ住んで居られるそうで、奥様と二人暮らしされています。「子供の意思にはゆだねているけども、これからどうなるか分からない」とのことでした。
 民家変容パターンの分類はD-2類となります。


0903 ⑮№039原田家 欄間と掛け軸 0903 ⑮№039原田家 玄関の材
昔の木材を使用した玄関


0903 ⑬№037正木家 跡地.JPG


橋津を支えた廻船問屋

次は湯梨浜町橋津のNo.037⑫正木家住宅を目指します。住所を調べても出てこなかったため、とにかく現地に行ってみてヒアリングを行おうと歩いてたところ大きなお寺を見つけました。正木家について情報が無いかと訪ねてみました。本当に西蓮寺を選んだのは感であったのですが、正木家と西蓮寺は深いつながりがあるらしく快くヒアリングに応じてくださいました。中に通して下さり、暑い今日にはありがたい冷たいお茶と一緒に色々なお話をいただきました。庭を眺めながら懐かしそうに昔の資料など広げながら橋津の町について教えてくださりました。


0903 ⑬№037正木家 当時写真 2 0903 ⑬№037正木家 復元平面図 1974年の外観と復原平面図  


 『鳥取県の民家』(1974)掲載の正木家は8間取りの瓦葺切妻造でした。正木家はもともと町方の問屋であった中原家の町家であり、明治頃、中原家13代目当主が家族を連れて東京へ向かったことをきっかけに民家は空き家となってしまったそうです。その町家を昭和に入ってから市内在住の正木さんが購入されました。しかし正木さんはこの家に一度も住んでいません。不動産を所有されているだけです。所有者の正木さんもすでにお亡くなりになられ、現在は空き地となって、一部の敷地に分譲住宅が建っていました。民家変容パターンの分類はD-1類となります。
 大廻船問屋の中原家は江戸時代から代々橋津を支えてきました。報告書掲載時(1974)の民家も江戸の建築であったと推測されています。橋津の西蓮寺(浄土宗)を訪れると、「中原家に沢山お世話になっている、沢山感謝している」とおっしゃっていました。町の人に愛された中原家一族の墓地は西蓮寺にあります。【続】


0903 西蓮寺 正面.
↑↓西蓮寺の山門と庭園
0903 西蓮寺 庭園 


【連載情報】
(01)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2042.html
(02)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2044.html
   №016④三百田家(若桜吉川・県指定)  №012③矢部家(八頭用呂・国重文)
(03)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2046.html
(04)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2050.html
(05)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2051.html
(06)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2052.html
(07)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2053.html
(08)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2054.html
(09)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2055.html
   №027⑦福田家(紙子谷・国重文)  №025⑥西尾家(八頭万代寺)
(10)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2056.html
   №021⑤谷上家(佐治余戸)
(11)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2059.html
   No.011②木下家(布袋・県指定)  No.006①米山家(岩美外邑)
(12)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2060.html
   №023⑧西尾家(赤子田)  №030⑩奥田家(猪子・県指定)
(13)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2061.html
   №029⑨松本家(江津)
(14)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2069.html
   №040⑯小椋家(木地山)
(15)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2070.html
   №029⑨松本家(江津)2回目
(16)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2071.html
(17)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2075.html
(18)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2076.html
(19)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2077.html
(20)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2078.html
(21)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html
(22)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2080.html
(23)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2081.html
   №023⑧西尾家(赤子田)2回目
(24)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2082.html
   №086㉝福田家(日南上萩山)  №082㉜長谷家(日南萩山)  №088㉞石川家(日南笠木)
(25)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2083.html
   No.104㊲乃木家(日野黒坂)  №103㊱細木家(日野黒坂)  №097㊱内藤家(日野板井原)
(26)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2084.html
(27)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2085.html
(28)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2086.html
   №.051㉑小木家(東伯赤碕)  №052㉒門脇家(東伯赤碕)
(29)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2087.html
(30)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2088.html
   No.044⑱牧野家(関金町郡家)  No.041⑰鳥飼家(関金町大鳥居・県)
(31)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2089.html
   No.033⑫前家家(青谷奥崎)  №031⑪小谷家(鹿野町鹿野)
(32)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2102.html
   No.076㉚下原家(江府町俣野)  No.081㉛車家(江府町貝田)
(33)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2105.html
   No.106㊳生田家(伯耆町三部)  No.107㊴足羽家(伯耆町二部)
(34)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2106.html
   No.071㉗森田家(淀江町西尾)  No.070㉖田山家(淀江町淀江)
(35)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2096.html
   No.039⑮原田家(湯梨浜方面)  No.037⑫正木家(湯梨浜橋津)
(36)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2097.html
   新聞No.25中島家(岩美大谷)  新聞No.10福田家(鳥取市国安)
(37)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2098.html
   新聞No.22吉村家(鳥取市立川)  新聞No.11岩田家(鳥取市立川)
(38)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2116.html
   新聞No.20岡本家(国府町木原)  新聞No.18 山本家(国府町神護)
(39)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2117.html
   新聞No.16奥本家(用瀬町)  新聞No.17徳永家(用瀬町)
(40)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2122.html
   No.045⑲河本家(琴浦町箆津)  No.046⑳河本家(琴浦町箆津) 
(41)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2127.html
   №074㉙門脇家(大山町所子)
(42)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2128.html
   №072㉘山本家(大山町長田) №062㉕吉持家(南部町田住)
(43)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2129.html
   №038⑭尾崎家(湯梨浜町宇野)
(44)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2130.html
   №060㉔高田家(米子市福万) №058㉓後藤家(米子市内町)
(45)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2138.html
   旧森家住宅-浜坂先人記念館 以命亭(新温泉町浜坂)
(46)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2133.html
   新温泉町民家調査(新温泉町浜坂)
(47)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2144.html
   新聞No.15小島家(八頭町石田百井) 新聞No.22今嶋家(八頭町西御門)
(48)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2145.html
   新聞No.21保木本家(八頭町小別府) 新聞No.07大村家(八頭町富枝)
(49)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2147.html
   新聞No.06山陰合同銀行若桜支店(若桜町若桜) 新聞No.12中尾家(若桜町中町)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR