fc2ブログ

魏志倭人伝を読む(5)

 11月28日(木)、2年生が魏志倭人伝の2回めの輪読をしました。ついに卑弥呼が登場します。また、下線を施した「収租賦有邸閣 國國有市」(原文)は、とくに12月14日の講演会と深く係わる部分です。学生諸君はくれぐれも注意して、ここの意味を考えてください。


魏志倭人伝(二)

 その風俗は淫らではありません。男子はみな(帽子などの)冠り物をかぶらず、木緜(絹布)を頭にかけます。衣服は幅広の布を結び束ねているだけで縫うことをしません【注19】。女性は髪を束ねて髷を結い、衣服をつくるときは、反物の中央に穴をあけ、そこから頭を出して着ています【注20】。禾稲(いね)や紵麻(あさ)を植え、桑の木に蚕を飼って絹を織り、細紵(ほそあさ)やかとりぎぬ【注21】・木綿を生産します。その地には、牛・馬・虎・羊・高麗烏(コマガラス)【注22】はいません。武器には矛・楯・木弓を用います。木弓は下を短くして上を長くし、竹の矢は鉄鏃のものもあれば、骨鏃のものもあります。これらの特産品【注23】は儋耳・朱崖(今の海南島)と同じです。
 倭の地は温暖で、冬も夏も生野菜を食べます。みな裸足。地上に建物があり、父母と兄弟の住むところは別々にしています【注24】。朱丹(赤い顔料)を体に塗りますが、それは中国人が白粉(おしろい)を塗るようなものです。
 飲食には高坏を用いて、手でモノを食べます。人が死ぬと棺に納めますが、(棺を納める)木槨はなく、土を盛り上げて塚【注25】をつくります。人が死んでから十日あまり喪に服し、そのときは肉を食べず、喪主はわめき泣き続けますが、その他の人たちは歌い踊り酒を飲みます。死者を埋葬したあとは、一家全員で水に入り、練沐【注26】のように体を洗い清めます。
 旅立って海を渡り中国に向かう際、必ず一人の人物を選びます。その人物には髪を梳かせもしなければ、シラミを取らせず、衣服を垢で汚れさせ、肉を食べさせず、女性を近づけさせず、喪中の人のように扱います。この人を「持衰」と呼びます。もし、道中にご利益があったとすれば、褒美や侍者を与え、もし病気になったり、厄害にあったとすれば、みなで持衰を殺してしまいます。持衰が禁欲しなかったからと考えるからです。
 真珠・青玉(碧のヒスイ)を産出します。山には丹土(赤い顔料の原料)があります。樹木には、枏(クス)、杼(トチ)、予樟(クスノキ)、楺(ボケ)、櫪(クヌギ)、投(スギ)、橿(カシ)、烏号(ヤマグワ)、楓香(カエデ)があります。竹には、篠(シノダケ)、簳(ヤダケ)、桃枝竹があります【注27】。薑(ショウガ)、橘(タチバナ)、椒(サンショウ)、蘘荷(ミョウガ)はありますが、それらの調味料を使って食べ物の味をよくすることはできません。サルと黒キジがいます。
 その習俗では、何かをしたり、どこかへ行ったりするときに云々するところがあれば、すぐに骨を灼いて吉凶を占い、まず占いの内容を告げます。令亀の法【注28】のように、火熱によってできた骨の裂け目をみて兆し(近未来)を占い、メッセージを発するのです。会合や着座には、父子・男女で差はありません。人びとは生まれつきの酒好きです。貴人に(平民が)敬意を表すところをみたのですが、ただ手を叩きます。それで跪拝の代わりとします。
 倭人は長寿で、100歳とか80~90歳の者もいます。その習俗では、貴人はみな4~5人の妻をもち、平民でも2~3人の妻がいます。女性は淫らでなく、嫉妬しません。盗みはなく、訴えごとも少ないです。その法を犯すと、罪が軽いものは妻子を没収し、罪の重い者は一家一族を殺してしまいます。身分に序列があり、(下位の者が)上位の者に服従して秩序が保たれています。租(物品税)と賦(人頭税)を納めます。邸閣(倉庫・武器庫群、管理施設・客館などの複合施設)があります。国々には市場があり、諸国の特産物を交易します。「大倭」という役人が市を管理しています。邪馬台国より南【注29】には「一大率」という役職を置き、諸国を検察させます。諸国はこれを畏れています。一大率はつねに伊都国にいて、(その国を)統治しています。魏の国の「刺史」のようなものです。倭の王が使者を魏の都(洛陽)や帯方郡、三韓諸国に派遣したり、帯方郡の使者が倭国に赴くたびに、(一大率は)港に出向いてチェックした上で、文書や贈物を女王に伝送し届けるので、ミスは許されません。
 平民が貴人と道路で出会ったときは、後ずさりして草むらの中に入ります。貴人がお言葉を伝え、物事を説明する際には、うずくまったり、ひざまづいたりして、両手を地につけ、恭敬の意を表します。平民の返事の声は「はい」と言います。中国でいう然諾(せんだく)のようなものです。
 倭国はもともと70~80年ばかり男子を王としていました。倭国は戦乱が続き、何年も互いに攻撃しあいました。そこで、諸国が共同で一人の女子を立てて王としました。名は卑弥呼と言います。鬼道(シャーマニズム的宗教)に仕え、民衆を惑わすことができました。【続(未完)】



【注】

  19)原文読み下し「その衣は横幅、ただ結束して相連ね、ほぼ縫うことなし」: ここにいう「横幅」はおそらく「横にひろく」の意であろう。「結束」の解釈は難しい。布の端部を「結び束ねる」のか「縄や紐で結んで束ねる」のか。前者の場合、マサイ族(ケニア~タンザニア)の外套をイメージさせる(↓)。幅広の布を背中から肩にかけて胸側まで垂らし、その端部を結び束ねる。大きな風呂敷を上着にするようなものだが、その内側には装飾豊かな内衣を着ているので、この大きな布はあくまでコートあるいはマントの類だと言える。一方、幅広の2枚の反物を左右の両肩からかけ、腰まわりでベルトのように紐縄をまわして縛りとめているとすれば、後漢書東夷伝(一)注6に示したように、二枚の布を中央であわせたカレン族(ミャンマー)のような衣服に腰紐をまわしたものと推定される。なお、後漢書倭伝の原文読み下しは「その男衣は横幅、結束して相連ぬ」としており、明らかに魏志倭人伝の引用である。

マサイ族 衣服01 マサイ族 衣服02 マサイ族 衣服03

 21)原文「縑」: かとりぎぬ(固織り絹の訛音)。固く織った薄い絹のこと。
 22)原文「鵲」: カササギ、別名コマガラス。「高麗」すなわち朝鮮半島中北部にいるカラスが倭にいないことを強調したものと思われる。後漢書東夷伝(一)注5参照。
 23)原文読み下し「有無するところ、儋耳・朱崖と同じ」: この有無するところは直前の「木弓」に限られるのか、特産物のすべてをさすのか判別しがたいが、本稿では後者とみる。
 24)原文読み下し「屋室あり、父母兄弟、臥息処を異にす」: 魏志東夷伝にみえる「屋室」「屋宇」は地上に建つ掘立柱建物のことであり、「窟室」「土室」などの竪穴住居と対置される概念である。朝鮮半島の馬韓や高句麗などとちがって、倭には地上に建つ建物がある、というわけだが、父母・兄弟の住まう場所が異なるのも中国に近い文明度があり、馬韓や高句麗などの雑居型穴居に比べればはるかにまともだというふうに捉えているのであろう。総じて、朝鮮半島に比べ倭は文明化していることを強調している。後漢書東夷伝(一)注8参照。
 25)原文「冢」: チョウ。古墳の盛り土と思われる。奈良県桜井市の纒向遺跡北辺にあるホケノ山古墳と箸墓古墳が日本最古の前方後円墳と言われる。前者が3世紀前半、後者が3世紀中期に比定され、とりわけ後者を卑弥呼の「冢」とみる意見が古くからある。
 26)原文「練沐」: 一周忌の際、練(ねりぎぬ)をきて水浴し清める中国の習慣。
 27)以上の樹木・竹の名称については、藤堂明保・竹田晃・影山輝國『倭国伝 全訳注』(講談社学術文庫、2010)を参照した。
 28)令亀の法: 中国の亀卜。令制による卜(うらない)の一種。亀の甲羅に熱を加えて生じたヒビの形状を見て占う。
 29)原文「以北」: やはり南北反転の可能性が高いと思われる。

《連載情報》魏志倭人伝を読む
(1)漫画と文献で読む魏志倭人伝
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2113.html
(2)後漢書倭伝(一)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2119.html
(3)魏志倭人伝(一)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2125.html
(4)後漢書倭伝(二)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2131.html
(5)魏志倭人伝(二)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2134.html
(6)魏志倭人伝(三)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2153.html
(7)宋書倭国伝(一)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2155.html

青谷上寺地遺跡を訪ねて
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2157.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2158.html

魏志倭人伝の新しい解釈-田中章介先生講演会
( 予報1 )http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2132.html
( 予報2 )http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2140.html
(レポート)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2156.html
(大学HP)http://www.kankyo-u.ac.jp/tuesreport/2019/20191223/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR