fc2ブログ

ダーナの論理

摩尼寺参拝祈願

 4月9日(木)、報告書を持参して数ヶ月ぶりに摩尼寺を訪れた。門前に人影はまったくない。茶屋の灯りも消えている。そのまま、脇道の山道を車で上向。本堂裏の境内片隅にたどりつき、庫裏の正面側まで歩いて行った。ここも人影はない。そこに住職代行があらわれ、報告書を手渡した。

  「この境内だけはコロナの塵埃がまったく感じられませんね~」

  「ええ、ここは浄化されてます、大丈夫です。」

 そんな会話をしてから本堂を参拝。ささやかなお賽銭とともにコロナ駆除を祈願した。馴染み深い静閑な山寺に癒された。

 もう一ヶ所、報告書を預けたいところがあった。市内の紅茶店には、かのシンポジウムの広報でお世話になっていて、できればお茶を飲みながら報告書の内容を語り合いところだが、そういう時期ではないという自覚も強くあり、行くべきか否か車中で悩んだが、もしも客人がいたら入店しないと決めて長田神社の方角をめざした。こちらも人影がない。一台の車も停まっていないし、ガラス窓越しに店内を覗いたが、やはり一人の客もいなかった。少々安心して扉をあける。報告書をわたして、茶葉を買いたいというと、「いまはキームン以外、神戸の貿易商に茶葉が届かない事態になっていて、生憎ですが売れないんです」とめずらしく素っ気ない。少々粘る。

  「このまえマツコの番組をみていたら、チャイの達人おじさんがでてきてね。アッサムCTCを
  水とミルクで煮出したあとルフナで香りづけすると良い味になるとのことなので、試したくて
  買いにきたんですけどね・・・」

と事情を説明すると、あっさり了承され、CTCとルフナを50グラムずつ売っていただいた。八朔のマーマレードも買った。この人気店に一人の客もいないのをみたのは初めてのことである。
 この夜、島根で初のコロナ感染者が発覚した。その松江の高校生は夜の飲食のバイトをしていて、先月の3連休に母親と大阪旅行をしたとのこと。母親も感染しており、濃厚接触者は少なくないようだ。ネット上では、鳥取・島根の両県民が励ましあうコメントが溢れ、島根などの県外者から鳥取に対して「決勝進出おめでとう! 優勝してください」との激励があった。


禁断の蕎麦屋

 翌日、まる十日ぶりに奈良の自宅に戻ることにした。鳥取道は修理工事中で、河原インターから地道に降ろされ、智頭南まで走っても高速に上がれない。駒帰を過ぎて「みちくさの駅」が右手にみえたので、蕎麦の誘惑をこらえきれず入店。やはり客は一人もいない。3月いっぱい冬季休業だったので、久しぶりに大ザルをたくりたかったが、残念なことに、蕎麦は最後の一人前(並)しか残っていなかった。客足が落ちこむことを見越して、蕎麦打ちの量を減らしているのだという。また、テーブルは対面を回避するため片側座席に変更していた。二人でざるそば一杯、半殺し餅2本を注文。その後、お客が二組(3名+1名)入ってきた。二組とも蕎麦を所望したが、申し訳ないけれども、いま売り切れたばかりであり、一組は珈琲、一組はそばがきを注文された。



 食事を終えて、我が家は恒例のいちゃいちゃ口論になる。どちらが代金を支払うかで揉めるわけだが、今回は蕎麦狂のわたしが渋々承知した。そばがきを食べておられた作務衣の人物が笑顔で会話に割り込んでくる。

  「インドの言葉でダーナって何か知ってますか?」

 なるほど、ダーナね。「旦那」の原語です。仏教的に言い換えるならば「檀家」であり、俗にいうタニマチのことである。つまり、ダーナ(旦那)=檀家(タニマチ)の私が負担すべきだというわけです。大変ありがたいご説法に報いるべく、チェック後、車中から報告書を一冊もってきて謹呈すると、驚くほど恐縮され、その方も車に走り、お菓子パンを頂戴した。作務衣を纏うその人物は西粟倉村の真言宗寺院のご住職だとのこと。俗化した日本の仏教について嘆かれ、「みなビートルズの来日以降、おかしくなった」という持論を披露された。

決勝敗退

 奈良に帰宅した夕方、鳥取でもコロナ感染者が出たというニュースに驚愕。鳥取は決勝で敗れ去ったのだ。感染者は「砂の美術館」の関係者で、外国人アーティストの世話をされていたようです。全国の博物館・美術館が軒並み休館しているなか、鳥取市は「砂の美術館」展示のため、世界各地からアーティストを年度末に来県させていたんですね。ブータンから1名の研究者を招聘することすら断念した当方としては、国外から十数名の彫刻家を招聘するなど論外の行いだと思わざるをえません。ミスリードと言われても仕方ない。GW明けまで延期すれば開館可能だと思っているみたいですが、半年は閉鎖するしかない。感染が発生した可能性のある「三密」の美術館にだれが行きますか。鳥取から感染者がでるとしたら大学であろうと予想していましたが、公設の文化関係施設から最初の感染者がでたとすれば、とても残念です。感染者自身の接触だけでなく、外国人アーティストの接触を追跡しなければならない。移動バスなど交通手段の同乗者、レストラン・ホテルのスタッフ、行政の関係者等、市役所は蜂の巣をつついたような騒ぎになっているのかもしれません。かくいう私だって感染していないとは限らない。だから、自宅に籠ります。インターネットとTVがあればオタクも楽しい。社会的コミュニケーションなんて二の次さ。オリンピックは2~4年延期にすればいい。人類という種の保存こそがなにより重要です。
 



追記: 市役所は、外国人アーティストは陰性で関係ないと主張しているが、すでに帰国者が多く、自ら「感染している」と告白するとは限らないよね(招聘してもらった恩義もある)。仮にかれらが陰性だとしても、この危険な自粛期間に外国人を多数県内に呼び寄せたとすれば、下のサイトのような批判を浴びても仕方ないところでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00050056-yom-soci

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000048-mai-soci

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR