fc2ブログ

いい加減に学ぶ中国語講座(41)

ボン教論文摘要(5)

No.4 田必伟(1988)
①原文: 「略论笨教的产生及演变」 『宗教学研究』 第4期 : pp.52-56
 笨教是西藏社会最早出现的一种宗教. 由于当时没有文字记载, 因而人们很难确切地了解其产生与演变的历史, 即使在一些藏文史籍中有所反映, 也仅是一些零星的材料, 而且较为混乱。如, 关于笨教的起源, 有的书上说是由吐蕃第一代赞普— 聂尺赞普时策米兴吉母杰所创; 而有的书_L又说笨教应产生于吐蕃第八代赞普――直贡赞普之时的兴饶. ①但我认为, 作为西藏原始宗教的笨教, 从它最初所崇拜的宗教观念来看, 决非产生于吐蕃赞普出现以后的某一位“ 圣人” 之手, 而其演变也有着自己固有的规律. 对此, 本文仅从历史唯物主义的角度对这个问题略加探讨, 不当之处, 还望批评指正.

②日本漢字: 田必偉「略論笨教的産生及演変」 『宗教学研究』 第4期 :pp.52-56
 笨教是西蔵社会最早出現的一種宗教. 由于当時没有文字記載, 因而人們很難確切地了解其産生与演変的歴史, 即使在一些蔵文史籍中有所反映, 也僅是一些零星的材料, 而且較為混乱。如, 関于笨教的起源, 有的書上説是由吐蕃第一代賛普— 聶尺賛普時策米興吉母傑所創; 而有的書_L又説笨教応産生于吐蕃第八代賛普――直貢賛普之時的興饒. ①但我認為, 作為西蔵原始宗教的笨教, 従它最初所崇拝的宗教観念来看, 決非産生于吐蕃賛普出現以后的某一位“ 聖人” 之手, 而其演変也有着自己固有的規律. 対此, 本文僅従歴史唯物主義的角度対這箇問題略加探討, 不当之処, 還望批評指正.

③和訳: 田必偉「ボン教の発生と進化変容に関する概論」『宗教学研究』第4期:pp.52-pp.56
 ボン教はチベット社会に最も早く出現した宗教の一種であり、当時は文字記録がなかったため、その発生と深化変容の歴史を確定的に理解するのは難しい。たとえいくつかのチベット文献記載に(ボン教のことが)反映されていたとしても、それは星屑のように断片化した資料に過ぎず、なおかつかなり混乱している。例えば、ボン教の起源については、吐蕃の初代ザンプ(訳注1)-ニャティ・ツェポの時、ゼミシン・ジンメ(Zermising Jimje)によって創造されたと書く本もあれば、吐蕃の第八代国王のディグム・ザンプの時代に興ったと説く書もある(原注①)。しかし私は、チベット原始宗教としてのボン教は、それが最初に崇拝するところの宗教観念からみて、吐蕃国王の出現以降の某かの''聖人’’の手によって生まれたのでは決してなく、(ボン教の)その進展変化にも独自の法則があると考える。本論文では、唯物史観的立場から、この問題について若干の検討を加えたい。不適切な部分については、大方の批評と指正を乞いたい。
訳注1)吐蕃賛普……トゥボザンプ 吐蕃国王のこと。
原注① 『新紅史』16頁、『茫茜蔵赶教合一制度』6 ~ 7 頁 参照



No.13 申晓虎(2014)
①原文:  「经文、仪轨、祭司:民间苯教与普米族韩规教的比较研究」 『曲靖师范学院学报』 第2期
 普米族地方宗教韩规教在发展历中受到苯教的影响,在经文、仪轨与祭司体系上与后来出现的民间苯教有诸多类似之处。比较两者的异同,体现了不同社会处境下宗教地方化的特点。
〔关键词〕 民间苯教 韩规教 比较研究

②日本漢字:  申暁虎 「経文、儀軌、祭司:民間笨教与普米族韓規教的比較研究」 『曲靖師範学院学報』 第2期
 普米族地方宗教韓規教在発展歴中受到笨教的影響,在経文、儀軌与祭司体系上与後来出現的民間笨教有諸多類似之処。比較両者的異同,体現了不同社会処境下宗教地方化的特点。
〔関鍵詞〕 民間苯教 韓規教 比較研究

③和訳:  申暁虎 「経文、儀式、祭司:民間笨教と普米族の韓規教との比較研究」『曲靖師範学院学報』第2期
 プミ族の地方宗教である韓規教は、発展の歴史の中でボン教の影響を受けており、経典、儀式、司祭制度において、後に出現する民間のボン教と多くの類似点がある。 両者の異同を比較し、さまざまな社会的状況下における宗教の地方化の特徴を理解する。
〔キーワード〕民間ボン教 韓国規制 比較研究

No.15 周先吉(2015)
①本文:  「贵德苯教寺院研究—以琼毛寺为个案」 『青藏高原论坛』 第2期(总第十期)
 琼毛寺是安多藏区较有代表性的苯教寺院,笔者在查阅和搜集大量的文献资料的基础上,通过深入寺院进行实地考察后,对琼毛寺的历史及其现状、以及寺院组织体系和法会进行了描述,并由此呈现出苯教在安多地区的传播与演变历程,以及它对贵德当车藏族社会生活的影响。
〔关键词〕  贵德; 苯教; 琼毛寺;

②日本漢字:  「貴徳笨教寺院研究—以瓊毛寺為箇案」 『青蔵高原論壇』 第2期(総第十期)
 瓊毛寺是安多蔵区較有代表性的笨教寺院,筆者在査閲和捜集大量的文献資料的基礎上,通過深入寺院進行実地考察後,対瓊毛寺的歴史及其現状、以及寺院組織体系和法会進行了描述,併由此呈現出笨教在安多地区的伝播与演変歴程,以及它対貴徳当車蔵族社会生活的影響。
〔関鍵詞〕  貴徳 笨教 瓊毛寺

③和訳:  「貴徳ボン教寺院研究—瓊毛寺のケーススタディから」 『青蔵高原論壇』 第2期(総第10期)
 瓊毛寺は、アムド・チベット地区にある代表的なボン教寺院である。筆者は、収集・参照した大量の文献資料を基礎としながら、寺院の現地調査の後、瓊毛寺の歴史と現状から組織体制と法会まで記述を進める。そしてこれにより、アムド地域におけるボン教の伝播と歴史変化の過程、及び貴徳(ガイド)県当車(ダンチャ)におけるチベット族社会生活への影響を明らかにする。
〔キーワード〕 貴徳(ガイド)県 ボン教 瓊毛寺

【続】

《関係サイト》
ボン教(笨教)中国語論文リスト
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2293.html
ボン教論文摘要(1) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2303.html
ボン教論文摘要(2) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2306.html
ボン教論文摘要(3) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2309.html
ボン教論文摘要(4)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2310.html
ボン教論文摘要(5)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2311.html
ボン教論文摘要(6)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2312.html
ボン教論文摘要(7)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2313.html



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR