fc2ブログ

ブータン料理実験(1)ー蕎麦食と家庭料理

玉田(クレ完成品) 玉田(クレ材料)


蕎麦粉のパンケーキ(クレ)

 メリークリスマス!

 12月23日(水)、激動の2020年最後のゼミで、ブータン料理の試作に取り組んだ。私が後期に取り組んだブータン料理本の翻訳レシピをもとに、3年が1食ずつ実験的に試作し、ビュッフェスタイルで3、4年全員が試食した。
 ブータン料理本の図書情報は以下のとおり。

著者: Punap Ugyen Wangchuk(プナップ・ウゲン・ワンチュク)
書名: Authentic BHUTANESE COOKBOOK(本物のブータン料理本)
出版社: JOMO PUBLICATIONS (ジョモ出版) 
出版年: 第2版(2014年)

 とくに注目したのは、蕎麦を材料とするクレ(パンケーキ)、ヒュンテ(ギョウザ)であり、加えて、最も代表的な家庭料理のエマダツィ、ケワダツィ、モモ(小麦粉から作るギョウザ)の5品を試作した。12月16日のゼミの時間に大学前のイオンへ買い出しに行き、生鮮食品以外の食材を買いそろえた。ここで買わなかった食材は、後日各自でそろえた。クレ、モモ、ヒュンテを担当した3名は前日(12月22日)に各自自宅で作り、ケワダツィ、エマダツィを担当した二名は当日午後から調理に取り組んだ。


Authentic BHUTANESE COOKBOOK プナップ・ウゲン・ワンチュク氏(右2)
↑料理本(左)と作者一家(右)


 
玉田(クレ工程1) 玉田(クレ工程2) 玉田(クレ工程3)


 私はレシピ本でクレ(中央ブータンではケプタン)と呼ばれるソバ粉のパンケーキを作った。以下、料理本に記載されたクレのレシピの英文とその翻訳である。

Ingredients(材料)            
・1 1/2 cups of buckwheat flour    
・1 egg(optional)             
<日本語訳>
・ソバ粉1 1/2カップ
・卵1個(お好みで)

Preparation (準備)
Mix buckwheat flour with the egg and add some cold water to bring a required batter. Using the utensil of your choice, form the khur-le in such a manner as you would make pancakes.
<日本語訳>
ソバ粉を卵と混ぜ、必要な生地を作るために冷水を加えます。お好みの道具を使って、パンケーキを作るような方法でクレを作ります。


1202きりたんぽ00ビュッフェ02


 このレシピ通りに調理をした。但し、ソバ粉1と1/2カップは180g に相当し、購入したソバ粉は200g であったため、卵を2個にして調整した。”冷水を加え”とあるが、具体的な水の分量は書かれていなかったため、生地の様子をみながら、普段作るパンケーキ(日本のもの)に近くなるまで水を調整しながら加えた。材料が少ないため不安になったが、混ぜていくと「とろろ」のような粘り気が出てきて、生地になっていった。

 今回、3回生5名で作ることに不安はあったが、どの料理もとても美味しく、ますますブータンに行きたいと思った。ただ、エマダツィとケワダツィはとても辛かったため、本場の料理は私にはハードルが高い気がした。(小霞)


1202きりたんぽ00ビュッフェ01


《連載情報》ブータン料理実験-蕎麦食と家庭料理
1.蕎麦粉のパンケーキ(クレ)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2319.html
2.ヒュンテ(蕎麦皮の餃子)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2320.html
3.エマダツィ(トマトと唐辛子のチーズ炒め)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2321.html
4.ケワダツィ(ジャガイモと唐辛子のチーズ炒め)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2323.html
5.モモ(ブータン餃子)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2327.html
日本のなかのブータン(5)-ブータン蕎麦粉でクレ試作
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2354.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR