fc2ブログ

紅毛の梅酒

0523ジン梅00yusura02 0523ジン梅05縦01


行基の廟か

 最近、User YBBというアカウントメールが2通届いており、迷惑メールの類だろうと思いこんでいたのだが、その正体が有名な考古学者であることに気付いた。週末のメールには、以下のような短いメッセージが記してあった。

  今日の朝刊、
  奈良市菅原遺跡=行基の長岡院候補地で
  多宝塔状遺構がでました。
  円形に並ぶ側柱列と地覆の石の抜き取り。


0523ジン梅01 0523ジン梅02縦sam02


 これは大変な発見だ・・・ということで、ただちにネットで検索したところ、記事が溢れている。以下は毎日新聞の報道。 https://mainichi.jp/articles/20210520/k00/00m/040/202000c

 宝塔/多宝塔の起源は私個人としても研究室としても重要な課題であり、急ぎ発掘主体であるところの二つの組織に電話連絡したところ、あれよあれよというまに現場視察の日程が決まり、明日(24日月曜日)、昔の知人の案内で総勢4名が菅原遺跡を訪問させていただくことになった。現地説明会を敢えて開催しない現場であり、視察の報告をどの程度やっていいものか、今は分からないが、またなにがしらの記事を書くつもりです。


0523ジン梅07 0523ジン梅07縦sam



0523ジン梅03


苺の近衛兵

 こんどはジンで梅酒を漬けました。やはり甘みのあるスピリッツを用意しようということで、ピンク・ストロベリー・ビーフィータを買ったの。値段はジムビーム・アップルとほぼ同じです(1,200円/本)。ビーフィータ(BEEFEATER)は有名なジンの銘柄ですが、意味がわからないので調べてみたところ、「英国王の近衛兵」あるいは「ロンドン塔の守衛」という由緒正しい称号があって、ボトルの側面にその絵柄を描いています。このほか「牛肉を食べる人」「ひどく栄養のよい赤ら顔の人」の意があり、ここから「英国人」の俗称にもなっているようです。戦国時代の日本語に置き換えるならば、「紅毛人」ですよね。当時、スペイン・ポルトガルのラテン系は「南蛮」、オランダ・イギリス系のアングロサクソンは「紅毛」と呼び分けられていた。ピンク・ストロベリーと深く結びつく酒の名前ではありますね。
 恥ずかしながら、梅1kgに700mlでは足りなかった。もう1本買いに出る元気もなく、余っていたジムビーム・アップル半本を混ぜてしまいました。おかげで色は薄めのブラウンになっちゃったけれども、ほのかにピンクの色艶も残っている(いちばん上の写真)。今のところ、まだ味は馴染んでいないけれども、飲むのは半年後だからね。そこそこの味になってくれると信じています。


0523ジン梅05 0523ジン梅00yusura
↑今年は山桜桃梅(ユスラウメ)が大豊作。史上最大の収穫ではないだろうか。250個以上、300個近いと思われます。ヨーグルトや蜂蜜によく合う自然の味。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR