fc2ブログ

法隆寺西円堂・夢殿と喜光寺

西円堂01webDSC_0555 西円堂04samDSC_0562


法隆寺西円堂

 7月11~12日、法隆寺と喜光寺(菅原寺)を訪ねた。
 法隆寺西円堂(国宝)はもちろんかつて訪れてはいるのだが、行基の創建伝承があるので再訪しようと決意した。西院伽藍北西の小高い場所に、峯の薬師と呼ばれる薬師如来像を安置する八角円堂である。現存する遺構は鎌倉時代の建長2年(1250)の再建だが、当初は養老2年(718)光明皇后の母、橘夫人の発願によって、行基が建立したという寺伝がある。野小屋により屋根は急勾配になっているが、全体に古代の趣きをよく残す。今回とくに注目したのは、正面の向拝である。本体の長押に垂木をかけるのではなく、4本柱で片流れの屋根を支える。ただし、垂木上端の位置は本体の連子窓のマグサの位置にあわせており、屋根面は八角屋根とほぼ接している。正面から遠望するにシコロ葺き風にみえる。興福寺南円堂は正面向拝・裳階はその上に三手先をつけて高さを確保するが、西円堂は低平である。どちらのイメージで復元すべきであろうか。


西円堂02webDSC_0556 西円堂03samDSC_0559

西円堂05webこうはいDSC_0570 西円堂06samこうはいDSC_0570



夢殿01webDSC_0584 夢殿02samDSC_0584


法隆寺東院夢殿

 法隆寺東院夢殿(国宝)は、周知のように、斑鳩宮の故地に建てられた聖徳太子の供養堂である。堂内に聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置する。建立は天平11年(739)もしくは天平9年(737)。鎌倉時代の修理で屋根は急勾配になり、棟が高くなったが、それでも低平な印象がある。その「欠点」を補うため基壇を二重にして高さを確保している。二重基壇といえば、西院に通じる白鳳期(7世紀)の特色だが、天平期(8世紀)の供養堂に採用している点に興味を惹かれた。菅原遺跡「円形建物」の復元にあたっては、やはり栄山寺八角堂をモデルにするのが適切と思われる。


夢殿03軒01web 夢殿03軒02くぜsam


大仏殿の様ー喜光寺本堂

 菅原寺(喜光寺)は行基建立説と元明天皇の勅願創建説の両方がある。生駒市有里の竹林寺(行基墓)で出土した銅筒に記す『大僧正舎利瓶記』によれば、行基は天平21年(749)、喜光寺で生涯を終えた(82歳)という。平屋建裳階付の本堂は東大寺大仏殿の様(ためし)、すなわち十分の一の雛形とした「試みの大仏殿」と俗称される。現在の本堂は天文13年(1544)の再建(重要文化財)。中世らしく柱間に対して柱が長い。気になったのはやはり長押の位置である。連子窓のマグサの位置に通している。頭貫の位置には使わないのが原則のようである。


菅原寺01web 菅原寺02sam
菅原寺03web 菅原寺04sam


【関係サイト】
復元検討web会議(第1回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2415.html
復元検討web会議(第2回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2419.html
復元検討web会議(第3回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2428.html
復元検討web会議(第4回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html
復元検討web会議(第5回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2440.html

行基の長岡院-菅原遺跡訪問記
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html
栄山寺八角堂
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2417.html
広隆寺から興福寺へ
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2423.html
奈良新聞の報道(菅原遺跡)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2429.html
法隆寺西円堂・夢殿と喜光寺
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2436.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR