fc2ブログ

復元検討web会議(第5回)

主案web


 8月22日(金)午後、第5回復元検討web会議を開催した。第4回の方向性を収斂させる段階を迎える段階にきている。細かい問題はあるが、主案については、ほぼ構想が固まったので正式に図化・CG化に取り組む。

1.円形建物
 栄山寺八角堂をベースとするオーソドックスな復元手法をとる「主案」と、興福寺北円堂等後世の八角堂を意識した「副案」の2案を提示する。活発な議論が交わされた。

1-1 主案(A案): 栄山寺八角堂ベース案
 主案は古代建築の類例を尊重する復元案である。古代建築史からみて妥当な復元がなされるわけだが、見方を変えるならば、ワンパターンに陥りかねない側面もある。また、法隆寺西円堂の外観がそうであるように、正面の向拝(円形建物では裳階)ばかり強調されて、低平な八角堂が目立たないという外観上の短所がないとはいえない。以下2案をバリエーションとする。

 A-1)裳階土庇:桧皮葺き、基壇平面:十六角形、土庇柱間装置:建具なし
 A-2)裳階土庇:板葺き、基壇平面:八角形、土庇柱間装置:建具あり

 最も基本的な問題として、遺構図と建物平面図のずれが顕著に認められた。これについては、基壇の出を短くする以外にないので調整する。遺構の検出状況に合わせて基壇の出をひとまわり小さくするが、基壇高は階段一段分高くする。

1-2.副案(B案):興福寺北円堂を意識した案
 八角の屋根を強調する案。天平期の類例はないが、興福寺北円堂が天平期の外観を踏襲しているとして、隅の組物を尾垂木のない三手先とした場合、野小屋とはね木のない奈良時代の構法でおさまりえるか、について検討した。会議では否定的な発言が多く、東大寺法華堂正堂の出組を採用するのが限度だという意見に傾いたが、会議後、有志で検討したところ、唐招提寺金堂と薬師寺三重塔の三手先のディテールを応用すれば可能ではないか、という発想を得たので、少し時間を要するが再検討することにした。また、土庇の架構については、貧相な掘立柱に繋虹梁を使うのは大げさであり、繋虹梁の高さも低くなるので、思い切って繋虹梁を省略し、民家建築に多用される登梁を採用する。(Mr.エアポート)


副案web



全体配置図web


2.囲繞施設
 囲繞施設については、より具体性を持たせるため動線を想定しながら門や扉の位置を検討した。円形建物の土庇と同様、囲繞施設も「掘立柱」であり、礎石立ちの現存類例をあてはめるのは出来るだけ控えるようにしたい。イノコサスは伊勢神宮でも使われており、有力な構法と思われる。

(1)全体配置図
・「円形建物」地覆抜取穴と基壇の位置が合わないため、基壇を縮小する必要性がある。
(2)北建物
・回廊と連結する部分は扉を設置する。掘立柱塀側は壁とする(南建物も同様)。
・側面図には柱と扉、壁の表記をすること。
・回廊の棟木の納まりの検討が必要。
(3)南建物
・遺構図から北建物とずれがあるので、北建物よりも一回り大きくする。柱間は12尺程度とする。これにより雨落溝と庇ラインの位置が一致するのではないか。
4)掘立柱塀
・北側掘立柱塀の西側に脇門を設ける。同じく南側掘立柱塀の西側にも脇門が必要。
・東側の10尺×2の柱間に扉を設ける。西側に雨落溝らしき遺構があるので、屋根庇つきの門とする。(社長)

【追記】 副案については、薬師寺玄奘三蔵院八角堂と食堂(いずれも新築)が参考になることを今頃になって気がついた。

0824玄奘三蔵01 0824玄奘三蔵02 0824玄奘三蔵03
↑↓薬師寺玄奘三蔵院八角堂
0824玄奘三蔵04 0824玄奘三蔵05 0824玄奘三蔵06

0824薬師寺食堂01 薬師寺食堂二手先

・二手先の参考文献
「幻の薬師寺食堂、BMIで復元」『日系アーキテクチャ』1100号:pp.9-11、2017.7.27
浅川「平城宮第1次大極殿復原模型の製作」『奈良国立文化財研究所年報』1994:pp.68-71


【関係サイト】
復元検討web会議(第1回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2415.html
復元検討web会議(第2回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2419.html
復元検討web会議(第3回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2428.html
復元検討web会議(第4回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html
復元検討web会議(第5回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2440.html
復元検討web会議(第6回)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2443.html

行基の長岡院-菅原遺跡訪問記
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html
栄山寺八角堂
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2417.html
広隆寺から興福寺へ
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2423.html
奈良新聞の報道(菅原遺跡)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2429.html
法隆寺西円堂・夢殿と喜光寺
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2436.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR