fc2ブログ

そば切り 彦衛門

そば切り彦衛門09web そば切り彦衛門10


噂のビブグルマン

 年初早々、眼科の定期検診があり、通院した。コロナはすでに再上昇の兆しをみせており、眼科の待合室には大型の扇風機を置いていて、天井にむけて強風を発し、上澄みのようにして溜まった空気を拡散させながら、換気扇から排出しているようだ。その後、訪れた蕎麦屋でも棚の上に小さな空気清浄機を置いていて(↑)、病院と同じように、プロペラを上に向け、空気を拡散させていた。デルタ以降、今回のオミクロンも空気感染が常態化しているとされ、いまやディスタンス以上に通風・換気が鍵を握ると思われる。


そば切り彦衛門03web


 その蕎麦屋は「そば切り 彦衛門」という。菖蒲池の駅前から数百メートル離れた住宅地にある鉄筋コンクリート造のお店。隣はセブンイレブンである。「山中の蕎麦屋」とはとても言えないけれども、室内は木造の和室を印象づける(↑)。とくに、アルミサッシュ窓の内側に垂らした簾の効果は上々である。外側の風景を全面的に遮ることなく、爽やかな和の空気を室内にもたらしている。ミシュランのビブグルマンに掲載された蕎麦屋ということで、年末から注視しており、年初に予約がとれたので、家族で昼食に出かけた。


そば切り彦衛門01web そば切り彦衛門02

 
 注文したのは、以下の五品。
  ・辛み大根 ぶっかけおろし(冷/玄そばあら挽き)
  ・貝柱とあわび茸のせいろ(冷麺/玄そばあら挽き、温つけ汁)↓
  ・生ゆばのおそば(温/自家絹挽き)
  ・そばがき(生山葵・おろし具付)
  ・旬野菜の天ぷら  *そば湯も濃厚!


そば切り彦衛門08web


 どれもこれも非常に美味しうございました。私がとくに気に入ったのは、「旬野菜の天ぷら」。肉や魚介を含まないところが精進風で良いですね。菊芋の甘さに目眩を覚えたほど。麺は、玄そばが奥出雲風の野太いごつごつした感じで、絹そばが細くて白い麺です。このまえ紹介した奈良町の老舗「」の黒蕎麦(田舎蕎麦)、白蕎麦に対応しますが、私は「彦衛門」の方が好みです。建築・内装も、「玄」のレベルのはなれ座敷なら、却って趣を懲らした彦衛門のほうが面白いし、なにより椅子座がいい。年寄りが座りやすく、快適に食べることができます。
 家族全員一致で、また来ようということになりました。次は「夕御膳」がいい、ということで。「玄」「観」「一如庵」ほど有名ではないけれども、ビブグルマンの称号に恥じない名店だと思います。


そば切り彦衛門04web
↑そば湯  ↓湯葉そば(左)とぶっかけ(右)
そば切り彦衛門05web そば切り彦衛門06web

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR