fc2ブログ

よみがえる盃彩亭(3)ー廃材でつくる茶室と菜園の整備

0510茶室01菜園01ミント01 0510茶室01菜園02


ハーブを植える

 5月10日(火)。普段より少し早く集まり裏山の茶室「盃彩亭」菜園にて、追加分の苗を3株植えました。先生が奈良から買って帰ってきたハーブ(ペパーミント1株、レモンバウム2株)を畝の隙間に植えました。日当たりを考慮して苗を全体的にずらしたのですが、まもなく先輩たちがあらわれて、全体の苗の位置を再調整されました。前回に植えた苗(獅子唐・唐辛子の類)を移植する際、確認したのですが、根がきっちり伸び出していました。一般的な畑に比べ日照や水はけが良い条件にあるとは言えないと素人ながらに 思っていたところ、目に見えた形で成長していて一安心です。院生の滅私さん曰く、ちびだったレタスも一回り大きくなっているそうです。


0510茶室02実測03


茶室を測る

 今回の卒論ゼミのメイン活動は上記の茶室の実測・採寸です。来週おこなう河原宿の空き家T01家の実測に向けた演習です。講義の関係で先生と院生は少し遅れてくるとのことで、『民家の見方 調べ方』とにらめっこし、とりあえず書いてみることに。方眼紙に建物の枠取りをします。最初間違えてしまいましたが、大きさの基準と して半畳を10㎜×10㎜(1マス5㎜の方眼紙では2×2マスで半畳とすべきを、1×1マスで描いてしまい、先生から拡大修正するよう指示がありました。そして、枠に柱を描き、次に間仕切り建具を描きます。今回は壁と引き込み戸だけでした。最後に囲炉裏等も描き込みます。採寸は、柱間は柱などを部分で計るのではなく、通しの寸法をとるスキルを学びました。
 実測・採寸は初めての体験で、特に最初は先生がいない状態での挑戦で不安でしたが、ひとまず形にはできたと思います。自分たちで描いた実測図を基に、院生のテイさんと私はCADで清書します。テイさんはその日のうちに完成されました(私はまだ四苦八苦しています)。ご覧のように、いびつな形になっています。先生によると、これは茶室の4面ずべてで寸法をとったことによるそうです。直交2面だけにすると長方形もしくは正方形で表現できるとのことです。わたしは今、CADに苦闘していますが、手描きの平面図はもちろんCAD のスキルも磨き、手早く正確な図面を仕上げることのできるよう努力していきます。(4年 こしひかり)


0510茶室02実測01 0510茶室02実測02図面sam

茶室平面図ーテイ(1)
【テイ君のAUTO CAD】 心々寸法で描け、と指示したんですが、内法になってますね。要改善!


0512こばこDSC_0116


斑点病か

 5月12日(木)14:45~ ここ二日間雨が続いているので、水やりはせず、除草のみおこなった。畑の一部の配置が変わっていた。滅私君に聞くと、苗の追加と日当たりを考慮した配置変えがあったとのこと。
 茶室から見て右奥の苗の葉に茶黒い斑点を発見。調べてみると、カビなどが原因で起こる斑点病が考えられた。応急処置として斑点のある葉のみ除去した。(こばこー)


0512こばこDSC_0115 0512こばこDSC_0120


浜湯山のボランティア開始

 5月13日(金)。午後より浜湯山のらっきょう畑へ。オーナーのM氏夫妻とこばこーが初対面。14日(土)よりボランティア開始となった。働きすぎないよう、学業とバランスをとってほしい。


0512湯山01ラッキョウ畑01 0512湯山01ラッキョウ畑03雑草up

0512湯山01ラッキョウ畑02


《連載情報》よみがえる盃彩亭
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2564.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2569.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2580.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2591.html

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

知人を偽装したメールの添付資料をひらき、返信したところ、やられてしまいました、ブログに書きますが、添付資料は絶対に触らず削除して下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

感染したパソコンはリセット中。個人メールは送受信ともしばらくストップです。幸い大学のメールは影響が出てないので、しばらくは大学でしかメール仕事ができません。先輩研究者の偽装メールで、添付資料にパスワードがついていました。いつも、原稿読んでくれ、と言って来る先輩で、ああまたか、と思って開いたのですが、拡張子がついていなかったので、返信して問い合わせた。そのアドレスが偽物だと気づいた時には、ちらほら苦情のメールや電話が届き始めておりました。ともかく削除するのみです。ごめんなさい、皆さん。
プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR