fc2ブログ

実測演習(2)-カフェ黒田

0517黒田家01実測風景04浅川・上野 0517黒田家01実測風景01寺澤・上野・上田


農家に定着した書院造の諸要素

 5月17日(火)。先週の茶室での実習に引き続き、郡家の古民家カフェ黒田にて実測・採寸に取り組みました。4年生以上の5人で、一人が2部屋ずつ描き、キッチン部分を除く平面図を完成させました。
 私が今回担当したのは仏間とその隣の旧板間(広間=玄関横の部屋)の2部屋です。測量するにあたって建物の造りを細かなところまで見ていくと、いくつか発見をしました。仏壇は半間の押入(片開戸)横の中央奥に位置し、仏壇の前に新しい板材が上下にh張ってありました。かつては、この部分に引き違い戸(襖?)があり、敷居・鴨居を新材で隠した可能性があります。また、旧板間の前方には板間が残っていました。板材は比較的古く、増設ではなく、当初材の可能性があります。


0517黒田家03内部01床と平書院01 0517黒田家03内部02棚と長押と床柱
↑(左)床と平書院 (右)棚と長押と床柱


 休憩時間には、民家(農家)における書院造、すなわち武家屋敷の影響を学びました。まずはいわゆる「座敷飾の3点セット」から。座敷飾の3点セットとは、押板(床)・棚・付書院のことです。このうち付書院は出文机、棚は巻物棚を原型としており、つまり「机+本棚」であることから、書院は「書斎」のことであったことが分かります。押板(床)は、唐物数奇(中国の骨董や絵巻物)の展示棚です。カフェ黒田の場合、付書院は机を縁に出さない平書院の簡略形式になっています。このような座敷飾は武家屋敷の書院に特徴的なものですが、江戸期には豪農の住まい、明治期以降、小作農の住まいに波及していきます。


0517黒田家01実測風景05上田 0517黒田家01実測風景03東・浅川 0517黒田家01実測風景02テイ


0517黒田家04旧板間と式台 0517黒田家01実測風景02テイ
↑旧板間から式台相当部分を望む


 これと関連して、長押(なげし)という建築部材にも注目しなければなりません。黒田家の場合、仏間と奥座敷の2室のみ4面に長押がめぐらされており、さらに建具に襖を使い、竿縁天井にしています。一方、旧板間は土間境を板戸、根太天井を使い、長押はなく、差鴨居を露出させています。旧板間の正面には、一般的に式台があります。式台は武家屋敷の正式な玄関であり、高位の来客は式台を通って家に入ってきました。このように、今回の実習では、古い農家に取り込まれた武家屋敷(書院造)の要素を詳しく学びました。
 茶室実測から一歩前進したのは、以上の認識とともに、図面上での長押と天井の表記方法です。このたびは5人で分担して実測図を描きましたが、その日のうちに先っぽさんが合成してくださいました。私がやらなければいけないところを先に完成させていただき、感謝しています。(4年 こしひかり)

カフェ黒田描き直し(220525)上田 【大和】     20220525カフェ黒田全体平面図修正(上野) 【安芸】
二人とも初心者としては上々の出来だと思います。若干の寸法修正が必要で、長押の位置表示があるとなお良いです。


《関係サイト》
空き家探索-上方往来河原宿
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2565.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2570.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2584.html
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2586.html
実測演習-カフェ黒田
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2583.html
民家のみかた 調べかた
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1663.html
(6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1699.html
(7)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1703.html
(8)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1716.html
フォトスキャンを活用した文化遺産の分析
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2010.html
上方往来を描く-河原宿
(6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-824.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR