fc2ブログ

エスニック料理のフードスケープ(1)

プロジェクト研究2&4始動!

 今年も後期にプロジェクト研究2と同4を担当しています。昨年の「ソバ食のフードスケープ」を受けて、今年は「エスニック料理のフードスケープ」を主題二しています。以下、シラバスから転載します。

 《キーワード》 エスニック料理 ごちゃまぜ フードスケープ 文化麺類学
 《概要》 日本は単一民族の国家と思われがちですが、じつは多くの外国人が住み着いて、多民族融合型の社会に少しずつ移行し始めています。2月以降のウクライナ戦争による避難民の受け入れは、そうした異民族の受け入れと相互理解、融和のあり方を考え直すよい機会になりました。本プロジェクトでは「食の風景(フードスケープ)」の視点から、エスニック料理に目を向け、その日本化や日本食との複合性(ごちゃまぜ状況)を明らかにするとともに、自らも複数の食文化が融合したメニューを考え出すことを目的とします。

《授業スケジュール》
01(0929)オリエンテーション【1・2年合同】4限+α
02(1006)ネットで探る出身地のエスニック料理店(1)【2年】4~5限
03(1013)ネットで探る出身地のエスニック料理店(2)【1年】4~5限
04(1020)麺類試作1-1〈ボルシチのフォー〉【2年】4~5限 *ブータン素材+和風料理
05(1027)麺類試作2-1〈ブータン蕎麦のきつね味〉【1年】4~5限 *ウクライナ料理+ベトナム料理
06(1110)麺類試作1-2〈ボルシチのフォー〉【2年】4~5限  *味付け仕上げ
07(1117)麺類試作2-2〈ブータン蕎麦のきつね味〉【1年】4~5限  *味付け仕上げ
08(1119=土曜)龍岩寺イベント参加 上記料理の提供など【1・2年合同】
08.(1124)11月19日イベントの代休【1・2年とも】
09(1201)パワポ整理-ネットで探るエスニック料理店(1)【1年】4限(5限は1119代休)
10(1208)パワポ整理-ネットで探るエスニック料理店(2)【2年】4限(5限は1119代休)
11(1215)パワポ整理-ブータン蕎麦のきつね味【1年】4~5限
12(1222)パワポ整理-ボルシチのフォー【2年】4~5限
13(0112)パワポ整理-摩尼寺門前イベント【1・2年合同】4限+α
14(0119)発表会リハーサル【1・2年合同】4限+α
15(0123)発表会【1・2年合同】
*新型コロナの状況等によっては日程・内容を変更する可能性があります。


《P2メンバー》
川本(環境)
工藤(環境)書記
小島(環境)
澤(環境)書記 *車有、岩美在住
小林(経営)サブリーダー
角南(経営)
瀬良(経営)
曽賀(経営)リーダー
竹内(経営)

《P4メンバー》
堀(環境)リーダー
三谷(環境)
森本(環境)書記
横山(環境)
脇野(環境)書記
堀内(経営)
松田(経営)
山田(経営)サブリーダー
山本(経営)


0929集合P1070381


《連載情報》エスニック料理のフードスケープ
(1)プロ研始動 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2632.html
(2)フォーとボルシチのレシピ http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2633.html
(3)ブータン精進-プタとヒュンテのレシピ http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2634.html
(4)ボルシチのフォー 試作(1) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2640.html
(5)ブータン蕎麦のきつね味-精進の苦悩 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2641.html
(6)プタとヒュンテの試作(1) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2642.html
ウクライナの風に吹かれて
(15)環謝祭に出店-ごちゃまぜBOX http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2627.html

《参考書》
アベクミコ(2022)『エスニック料理。屋台飯もスパイスカレーも』
『ダンチュウ)』2022年7月号「アジア麺」  
荻野恭子(2018)『ロシア 大地が育む家庭料理』
高梨尚之 (2018)『はじめての精進料理』
P.U.ワンチュク(2014)『本物のブータン料理本』 (英文)
石毛直道(1994)『文化麺類学ことはじめ』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR