fc2ブログ

浜湯山辣韮ドリーム(2)

1103湯山砂丘のラッキョウ畑と摩尼山 摩尼山と浜湯山のラッキョウ畑


WSに大谷の影を追う日々

 11月3日(木)、文化の日。いつものように目覚めてテレビを点ける。いつものようにメジャーリーグの生放送が画面にあらわれると思いきや、強張った顔をしたアナウンサーが早口でニュースをまくし立てている。どのチャンネルに変えても同じ。北朝鮮がまた例の飛翔体を連続で打ち上げたのにJアラートがなんとかかんとか・・・ん~困ったものだ。困ったものだが、何ができるわけでもない。米韓軍事演習に対するリベンジであるようだが、ロシアが背後で糸を引いてないことを願う。
 しばらく待つと、画面はメジャーリーグに戻った。ワールドシリーズに私たちは大谷翔平の幻影を追っている。昨年までメジャーのポストシーズンを視ることなどなかったが、今年は春から秋まで大谷選手の活躍に熱中しすぎてしまい、慣習の法則というやつか、大谷選手の出番がなくなってなおメジャー中継から抜け出せないでいる。はたして大谷は、投手として、あるいは打者としてポストシーズン、とくにワールドシリーズに通用するのか、という視点がどうしても消えない。もちろん通用する。仮にヤンキースに大谷がいたら、アストロズにスィープされることはなかっただろうし、パドレスに大谷がいたら、フィリーズを倒してワールドシリーズに進出していたかもしれない。


1103湯山砂丘のラッキョウ畑upup2


 ただ、ワールドシリーズを戦う強豪チームでは、ピッチャー兼DHというスタイルは難しいかな、とも思う。理由は簡単。強豪チームには、強力なDHが存在するからだ。アストロズならアルバレス、フィリーズならハーパー。いっかな大谷と雖も、打力でこの二人を控えに押しやる力があるとは言えない。とくにハーパーの活躍は驚異的だ。ジャッジの比ではない。オーラを拡散するその姿は、まさに大谷翔平を彷彿とさせる。一方、投手としての大谷はワールドシリーズにどうしても必要な人材だと思う。ストレート主体のバーランダーが打ち込まれ、球威が少々劣る変化球投手のダルビッシュも打ち砕かれた現実を鑑みるに、変化球主体でありながら、160キロの速球(4シーム&2シーム)を投げる大谷は短期決戦の勝利におおいに貢献するだろう。間違いない。


サッカー言論界の山本太郎

 メジャーもあと2~3試合で終わる。スポーツメディアの中心はサッカーのカタールW杯に移行しつつあるようだ。ネット上では、レオ・ザ・フットボールという元吉本芸人のチャンネルが注目を集めている。森保監督や田嶋会長に対する辛辣な批判を容赦なく繰り返すので、まともなサッカーフリークから熱烈な支持を集める一方で、森保派や元代表選手らからはバッシングの対象になっている。彼は、プロとしてのキャリアはないけれども、サッカーに対する造詣は深く、間違ったことを言っていない。正しい指摘を早口で語る。サッカー言論界における山本太郎のような存在として露出度を高めているが、その分だけ非難の的になりやすく、メンタルが心配になる。


1103湯山砂丘のラッキョウ畑と摩尼山03 1103湯山砂丘のラッキョウ畑up02


1103湯山砂丘のラッキョウ畑upup1


 「一月万冊」に似ているとも思う。一月万冊は、自民党政権の五輪汚職と統一教会癒着を執拗に糾弾するチャンネルである。日に5回アップされ、ホストの対談相手は変わるが、内容はほぼ同じ。それを毎日毎日繰り返しやっている。なにもこんなにやらずとも、と思うのだが、番組を多発して再生回数を増やせば収入は増す。かれらとて正義のためだけではない、チャリティ商売のようなものだと思う。どの程度の非難かというと、玉川徹の数十倍ですね。玉川はあっさり謝罪して番組に復帰しそうな気配だが、おそらく鬱病を発症しているだろう。一月万冊を主導する清水某も昨年は「鬱だ、鬱」と騒いでいた。ところが、今年になってから「躁」状態にトランスして大はしゃぎ。反動が予想されて、視ている方が怖くなる。
 一月万冊一押しの政治家が山本太郎だ。山本も苦悩を抱え込んでいる。水道橋博士が鬱になって休業宣言したように、山本の心身も不安視される。よく耐えていると思う。大変な圧に夜も眠れない日々を過ごしているにちがいない。レオザは、これに比べれば、まだ気楽なものか。なにぶん森保を批判する勢力は圧倒的に多いし、日本代表がカタールでGLを勝ち抜ける可能性は高くないので、祭りが終われば、「ほら、レオザの言ったとおりになった」との朗報が待ち受けているだろうからである。


1103湯山砂丘のラッキョウ畑と摩尼山02


 さて、その日本代表だが、グループリーグを勝ち抜ける力は本当にないのか。目の上のたん瘤は、いうまでもなく、ドイツとスペイン。前者はバイエルン・ミュンヘン、後者はバルサ・レアル連合軍と言っていい。勝てるはずはない、と思うのが自然であり、だからこそ私は(日本がベスト16になったら)丸坊主(になる)宣言をしたのだが、勝負に絶対がないのもまた事実である。日本が勝ち上がる可能性がないとまで断言できない。ただし、「選手は歴代最高レベルだが、監督は最悪」という評価に私は違和感を覚えている。今回選抜された26名が歴代最高ということは決してない。あと少しでベスト8に手が届いた2002日韓W杯や2018ロシアW杯のメンバーが、今回の選手たちに劣るという根拠はまったくありません。なにより、今回選抜された選手には勝利者のオーラを感じない。スターがいない。大谷翔平ほどのオーラは叶わぬとして、2002の中田英、2016の長谷部-柴崎-大迫(+西野監督)などはスターの面構えをしていた。存在感があった。今回の場合、選手にも監督にも勝利のオーラを感じない(今回の柴崎は4年前とは別の存在)。だから負けると思っている。外れたら、丸坊主で責任取りますので。

 メジャー観戦を終え、岩美・浜坂方面に出向いた。お礼と営業のためである。Lablogで詳報したように、東浜のアルマーレが先月末で「事実上の休館」になった。山陰海岸のフードスケープをゆっくり堪能できる場所を私は一つ失ってしまったが、なにやら浜坂~岩美との関係が近しいものになってきている。浜坂で大量の柿、大谷でひょうたんカボチャを頂戴し、帰途、黄昏の浜湯山に立ち寄ると、ラッキョウ畑の花は三分咲き。来週が見頃になるだろう。


1103湯山砂丘のラッキョウ畑と摩尼山04 1103湯山砂丘のラッキョウ畑up01

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR