fc2ブログ

旧地主邸宅の分譲型再生-葵御紋の土蔵と亭閣を中心に《2022年度卒論概要》後編

上野-スライド10

上野 追加10-1 上野 追加10-2 上野 追加10-3 スライド10+追加3枚


T家の保全再生計画

 T家の保全再生計画について、いくつかの案を示す。すでに述べたように、屋敷全体を保全再生の対象とはしない。オモヤは除外し、屋敷背面側の付属施設のみを対象として考察する。付属施設の分譲については、管理者から前向きな発言を得ている。今回の計画を具体化するため、仮の施主を設定した。60代某教授ご夫妻である。施主の意向として、古い木造建築を愛好しているが、軽度の障害のある奥様のために、極力バリアフリーの工夫を希望されている。
 A案での保全対象は土蔵2棟に旧ハナレを加えた計3棟である。A1案は西蔵をアトリエ兼書庫とし、南蔵は居住棟、旧ハナレを亭閣として再生する。亭閣とは、中近世に流行した庭園内の休憩施設をさす。南蔵と西蔵の間の空き地はハーブ園とする。A2案は、バリアフリー完備の小さな木造居住棟を新築する案である。新規の居住棟は南蔵と西蔵の間の空き地に設ける。この場合、南蔵はカフェ兼ギャラリーとして再生する。
 こうした当初案を専門家と協議した結果、建築基準法などの法律上の規制から新築建築は公道に面する必要があるという指摘を受けた。そこでまず考えたのは、背戸川をはさんだ屋敷外の敷地に、駐車場と小ぶりの居住棟を新築するA’案である。こうすると、新築居住棟は公道に面する。さらにもう一つの案、B案も考えた。B案では、裏木戸とミソグラまで保全再生の対象とする。この場合、ミソグラを居住棟として再生する。既存建造物の改修であり、法律に抵触しない。


上野-スライド11 上野 追加11-1 スライド11+追加1枚


A1案  各建物の再生案について説明する。
 西蔵(A1案):  西蔵はアトリエ兼書庫とする。1階は作り付けの作業机と書棚を配し、部屋の中央にはソファもおいている。2階はできるだけ多く書棚を配し、小さな机と接客用のテーブルもおく。


上野-スライド12

上野 追加12-1 上野 追加12-2 スライド12+追加2枚


 南蔵・旧ハナレ(A1案): 南蔵のA1案は居住棟としての再生である。一階は夫婦の住まい、二階を書庫・作業場、多目的室とする。1階にはカウンターキッチンを設け、キッチン上部を吹き抜けとする。施主は薪ストーブの設置を強く要望されており、薪ストーブ周りを耐火煉瓦で囲う。旧ハナレは亭閣としての本来の機能を向上させる。1階の6畳は畳を外して板張りとし、中国式のテーブルとイスを置き、さらに、中国茶淹れの設備を設ける。中国茶を飲みながら庭を愛でる場所とする。2階は畳を残し、低めの和風テーブルや座椅子を置く。ここからは庭や町の風景を一望できる。


上野-スライド13

上野 追加13-1 上野 追加13-2 スライド13+追加2枚


A2案
 南蔵(A2案): 南蔵はカフェ兼ギャラリーである。一階にはカウンター・キッチンを設置する。このクラにも書庫としての機能を持たせる。キッチンは亭閣にも通じている。二階にはこのクラに残る多くの古タンスを配列し、物品を収納すると同時に、古箪笥のギャラリーとする。南蔵に残るタンスはデザインや形状が様々で日本古来の美学を良くあらわしている。


上野-スライド14  スライド14


 新築居住棟(A2案): A2案の新築居住棟は、30㎡程の木造平屋建築である。ワンルーム型で、段差のないバリアフリーとする。背戸川沿いの景観に配慮し、屋根は低くし、目立たないようにする。



上野-スライド15  スライド15


A2’案 新築居住棟

 A2‘案の居住棟は公道に面する屋敷外の新築建物である。小路に接して、駐車スペースを設ける。


上野-スライド16 スライド16


B案 味噌蔵

 B案では味噌蔵を修復・改修して居住棟とする。この場合もワンルーム型である。屋敷側の屋根の劣化が著しいため、まずこれを修復し、土間をコンクリートとフロアで仕上げる。むき出しの小屋組はそのまま活かし、尾垂の下は水回りのスペースとして取り込む。


上野-スライド17 スライド17


おわりに

 以上、河原集落の上方往来沿いに屋敷を構えるT家の背面側付属施設の保全再生を提案してきた。老夫婦の居場所として、大きすぎる敷地や建物は不要であり、このような分譲型の再生・活用・新築は今後の一つのパターンになりうると考えている。
 さて、A2案では土蔵のカフェ化を提案したが、カフェの経営は容易ではない。集客と運営が実現可能なものか、慎重に見極めていく必要がある。ただし、河原集落には適当な休憩場所が全くない。河原は鳥取市街地のベッドタウン化が進んでいるが、居住者や往来者が一休みできるような施設が1軒ぐらいあってもよいのではないか、と考えている。
 これと関連して、同じ上方往来の背戸川沿いに建つ用瀬の古民家カフェ「川のhotori」を訪問し、卒論ゼミで利用してみた。1階は一般客向けだが、2階の畳座敷は私たちのようなグループ活動をすることもできる。和室空間の中で、打ち解けた演習がおこなえることを体感し、コ・ワーキング・スペースに早変わりできる和室の潜在的な可能性を感じた。このほか、上方往来には智頭や平福などにも古民家カフェがわずかながらあり、一定の集客もあるようで、T家改修の参考にしたいと考えている。【完】(上野夏輝)


《参考文献》
1. 鳥取教育委員会(1974)『鳥取県の民家-鳥取県民家緊急調査-』
2. 浅川滋男(1987)「都市近郊における街村型集落の変貌:鳥取県河原の事例から(その1・その2)」『日本建築学会東海支部研究報告集』25号
3. 吉冨博子(2017)「上方往来の歴史的景観に関する研究-河原宿の街並みを中心に-」平成28年度公立鳥取環境大学卒業論文
4. 野口さやか(2019)「『鳥取県の民家』を訪ねて -古民家「終活」の時代」―平成30年度公立鳥取環境大学卒業論文
5. 浅川滋男(2020)『古民家「終活」の時代』公立鳥取環境大学
6. 佐藤享成(2021)「蕎麦屋の風景 -山中の蕎麦屋はなぜ繁盛しているのか」―令和2年度公立鳥取環境大学卒業論文
7.東将平(2022)「日本海側過疎地の活性動態を探る ―北陸の地域振興例と因幡・但馬へのフィードバック」―令和3年度公立鳥取環境大学卒業論文
8. カール・ベンクス、クリスティーナ・ベンクス他(2022)『NHKカールさんとティーナさんの古民家村だより』主婦と生活社

《参考サイト》
1. 上方往来を描く-河原宿(6) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-824.html
2. 民家のみかた 調べかた(5) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1663.html
3. 民家のみかた 調べかた(6) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1699.html
4. 民家のみかた 調べかた(7) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1703.html
5. 民家のみかた 調べかた(8)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1716.html
6. フォトスキャンを活用した文化遺産の分析(1) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2010.html
7. 実測演習 -カフェ黒田(2) 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2583.html
8. 空き家探索(2)-上方往来河原宿    
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2565.html
9. 空き家探索(3)-上方往来河原宿その2 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2570.html
10. 空き家探索(4)-上方往来河原宿その3 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2584.html
11. 空き家探索(5)-上方往来河原宿その4 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2586.html
12. 空き家探索(6)-上方往来河原宿その5 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2588.html
13. 空き家探索(7)-上方往来河原宿その6 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2636.html
14. 空き家探索(8)-上方往来河原宿その7 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2651.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR