fc2ブログ

東鯷人ナマズ屋のチラシ案

ナマズ屋チラシ二稿_page-0001 チラシ案二稿


東鯷人ナマズ屋のチラシをお持ちの方には割引します!

 10月14~15日(土日)の環謝祭(大学祭)に出店する「東鯷人ナマズ屋」のチラシ案が3年WK君より送られてきたので、一度校正し、再送信されてきたのが上の図です。90%OKですが、最後に微修正しようと考えているので、現在はチラシ「案」ですが、ここに掲載しておきます。今回のチラシをプリントして屋台にお持ちの方は、「ナマズの天丼」弁当1箱500円を400円にディスカウントしますので、よろしくお願いします。
 先週木曜日のプロジェクト研究の活動報告がまた一人届きましたので、下に転載します。


1005ナマズの天丼00完成01


ナマズ天丼は販売してもよいくらい上手くできた!

課題1 ミニ講義「ナマズ食の文化史的再評価」の感想
 今回、「ナマズ食の文化史的再評価」を聴講してナマズに対するイメージが変わった。具体的には、少し泥臭くとても食用にはできないというイメージであったが、聴講を通して食用に対する多くの可能性を感じた。また、今回驚いたのはナマズが養殖されているということである。ナマズを食べるというイメージがなかったため、わざわざ養殖をおこない食べているということに驚いた。食用として養殖ナマズがスーパーなどにも置かれていることにも驚いた。私が知らないだけで、ナマズのいろいろな活用が行われていて、新しく多くのことを学ぶことができた。
 さらに、興味がわいたのは、清流で育ったナマズの刺身が非常においしいということである。日野川や琵琶湖などの清流で育ったナマズは泥臭さがなく、海の魚を超えるほどのおいしさだということが私のナマズに対するイメージからは想像ができない。食べる機会が訪れるかはわからないが、ぜひ食べてみたいと思った。
 改めて今回の「ナマズ食の文化史的再評価」を聴講してナマズがもつ多くの可能性、古来から西日本で食べられていた歴史、文化を学ぶことができた。ナマズが育つ環境の違いが味にも変化をもたらすこと、調理方法によっても変化が生まれることを知り、工夫次第で新たな食用食材として活用していけると感じた。

課題2 ナマズ天丼の試作に関わった自分の活動と感想
 ナマズを調理する過程で感じたのは、触った感触がフグに似ているということである。また、臭みなども少なく、イメージとは違うなと感じた。揚げた後の見た目は、白身魚に似ており、姿形だけではナマズだと気づけない。食べてみた感想は、身がふっくらとしていて山椒の香りと、タレが非常にあっていると感じた。身を揚げるまでは臭みを感じなかったが、実際に食べてみると若干の臭みがあった。気にならない程度ではあるけれども、身をそのまま揚げてしまうのではなく、臭み消しをしてから調理をするほうがよりおいしく頂けると思う。ナスなどの野菜もぱりぱりとした食感でうまく揚げることができた。初めはどんな味になるのか、少し不安だったが、販売してもいいくらいおいしくできた。(経営1年DK)


1005ナマズの天丼07野菜切


《関係サイト》
1.東鯷人ナマズ屋 チラシ予告
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2672.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2674.html
2.東鯷人ナマズ屋 環謝祭
14日(土)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2678.html 
15日(日)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2679.html 
3.P2&P4「古民家カフェと郷土料理のフードスケープ」
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2671.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2680.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR