fc2ブログ

崖と建築のヒエロファニー 三徳山《日本遺産》フォーラム(予報4)

蔵王権現(三朝) 蔵王権立像(木材伐採年代 945~1165年)宝物殿


雨天の場合の参観計画

 11月25日(土)の日本遺産《三徳山》フォーラム「崖と建築のヒエロファニー」が近づいてきました。当日午前には、2年次「人間環境実習・演習A」の履修生と留学生が投入堂の登拝をしますが、雨天の場合、登拝を中止し、正善院・宝物殿・遙拝所をめぐるツアーに変更します。三朝町教委のご尽力でこのツアーが成就することになり、そのスケジュールが送られてきましたので、大学関係者はご参照ください。

【雨天時】1125三徳山周遊計画001

晴男の天気予報対策

 ネットで天気予報を調べてみましたが、あまり良い気候状況にはないようです。わたしは晴男なのですが、さすがに歩行に難のある体調で三徳山は厳しい。摩尼山はなんとか踏ん張ろうと思っているのですが、三徳山にも登ると決意しないことには晴れないかもしれないな。要検討です。
 
 11月20日(月)雨のち曇り(降水確率50%)東日本在住匿名考古学者三徳山へ
 11月21日(火)晴時々曇(0%) 同上考古学者摩尼山へ
 11月22日(水)晴時々曇(0%)ゼミで準備
 11月23日(木=勤労感謝の日)曇一時雨(50%) 
 11月24日(金) 雨時々雪(80%)不動院岩屋堂外観は見学可能
 11月25日(土)曇時々雪(60%) 投入堂登拝可能か。不可の場合、三施設参観
 11月26日(日)曇(40%) 摩尼山登山可能か

三徳山フォーラムチラシ(最終校⑤)_圧縮 クリックするとチラシ拡大


 天候に関わらず、11月25日(土)午後の三徳山《日本遺産》フォーラムは開催されます。寒さ厳しくなると思いますが、防寒具をしっかり用意してご参加ください。

崖と建築のヒエロファニー:そのアジア的視座

 アジア各地では山、森(杜)、大樹、湧水、崖などの特殊な自然物にヒエロファニー(聖性の顕現)を認めています。特殊な自然物に聖性を読み取る認識は、仏教や神道など上位の宗教が成立する以前から存在した原始的信仰ですが、論理的な思考を纏う仏教などに吞み込まれながらも、信仰の軸として今に継承されています。むしろ、前仏教的な場所の聖性は仏教化後に強化されるという見方もできるでしょう。たとえば三徳山三佛寺の場合、奥の院の崖に投入堂という小さな仏堂を配することで、崖という特殊な場所の聖性はいっそう際立ったと考えられます。本フォーラムは、こうした崖と建築のイメージの相関性を、日本だけでなく、中国/台湾、南アジアとの比較から探ろうとするものです。

《開催日時》 11月25日(土)13:00~16:00 《会場》三徳山 三佛寺本堂
開会 13:00 挨拶・趣旨説明(西田寛司三朝町教育長)
講演① 13:10 「崖と岩陰と懸造-三徳山三佛寺を中心に」
 眞田 廣幸 (倉吉文化財協会会長・公立鳥取環境大学非常勤講師)
講演② 13:40 「台湾の巌(岩寺)と霊山」
 陳 彥伯 (國立成功大學建築學系博士課程/筑波大学研究生)
講演③ 14:00 「ブータンのボン教遺産-山寺クブン寺と秘境ベンジ村」
 東 将平 (公立鳥取環境大学大学院生)
講演④ 14:15 「瞑想・礼拝と他界-日本・中国・ブータンの崖寺」
 浅川 滋男 (公立鳥取環境大学教授)
コメント・質疑 15:00
①「ブータンのドラク・ゴンパ(崖寺)」[仮題]
 サムテン・ドルジ Samten Dorji(岡山大学教員研修留学生)
②「密教系霊山と両墓制-三徳山三佛寺・喜見山と宝珠山立石寺」
 小林 克 (秋田在住、リモートによるコメント)
司会:山田 協太 (筑波大学芸術系准教授)
閉会 16:00  *講演要旨は「続き」に掲載しております

《お申込み/お問合せ先》
日本遺産三徳山三朝温泉を守る会事務局(三朝町教育委員会 社会教育課)
 〒682-0195 鳥取県東伯郡三朝町大瀬999 番地2
 電話 0858-43-3518(直通)  FAX 0858-43-0647
 E-mail shakaikyouiku@town.misasa.tottori.jp

《連載情報》崖と建築のヒエロファニー 日本遺産《三徳山》フォーラム
(予報1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2669.html
(予報2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2711.html
(予報3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html
(予報4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2716.html
(予報5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2719.html

宝珠山立石寺ー「山寺」の散策
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2709.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR