fc2ブログ

崖と建築のヒエロファニー 三徳山《日本遺産》フォーラム(報告7)

1125三徳A班01投入02集合写真01


 11月25日(土)に開催した日本遺産《三徳山》フォーラムでは、午前中に40名近い学生が投入堂めざして登山しました。2年生32名を3班(A班・B班・C班)に分け、それぞれに案内人とサポートをつけたのですが、まず雨上がり(時々小雨)状態で足元がわるく、靴底チェックでひっかかり草鞋に履きかえる学生も少なからずあって時間を要しました。3班が時間差をもって登拝を始めたのですが、進行思うにまかせず、先発のA班のみ投入堂到達、2番手のB班は文殊堂まで、最後列のC班は鎖坂の下までとなって、フォーラムにあわせて下山しました。このことを知ったわたしは大変ショックであり、フォーラム中に何度か謝罪しました。今夜は投入堂まで上がったA班の感想をお届けします。なお、今回の登拝にあたっては、入山料・草鞋代の全額を日本遺産の会にご負担いただきまして、ここに記して感謝申し上げます。


厳しい登山に班員の心の距離が縮まった

 私はA班のグループで投入堂までたどり着くことが出来たが、時間がなかったため、急いでの登頂となり、あまり詳しい話を聞くことが出来なかった。登るにあたってその道のりがかなり険しく、ところどころ藁などが地面に敷いてあって、引率の方に話を聞くと、登拝する人が増加してきており、地面が踏み削られることからボランティアで学生や自衛隊の方が補修してくださっていることを知って、あの道に重機などの機械を持ち込むことが出来ないため、人の手によってされていたこと、その労力に感謝しながら登りました。登るまでの最中には自分の力や体感しか頼れるものがないような場所もあり、何度も危ない場所を通るたびに緊張が走りました。自然は人をコミュニティに帰属させる効果を持つことを耳に挟み、登山をしているときにすれ違った人に挨拶や軽い世間話などをしていて、これがその効果なのかと実感しました。また、鐘楼ではA班の班員の一人が代表として鐘を搗いていたのですが、今までの登りに対する疲れも相まってしみじみと音を楽しみました。投入堂の手前には社のような小振りの建物(元結掛堂)があり、そこに住職が自分の髷、髪の毛を納めることを知りました。登る道のりは険しく大変なものでしたが、たどり着いた時の感動はすさまじく、はじめはあまり会話の少なかった班であったが、一気に心の距離が近づいたことを感じました。投入堂がどのようにして建ったのかがわからず、解明してほしいと思いながら下山しました。今回の登拝でははじめに述べたように、あまり詳しい説明を聞くことが出来なかったけれども、フォーラムでの説明で実物を見たことによってより興味を持ち集中して拝聴することが出来、次は夏に草履をはいて登ってみたいと思いました。(A班班長1AR)


1125三徳A班01投入01


修行者はこんな怖い想いを乗り越えて特殊な力を手に入れたのか

 三徳山や周囲の山の紅葉がとても綺麗でした。また、登山道やその側など簡単に見えるところに両手を広げたほどの直径の杉が生えているのを見かけました。信仰や修行の場として、手入れはされているが最低限で、伐採とかはないため、植物の種類が多く自然が守られているなと思いました。歩きやすい道ではなく、岩や入り組んだ根を足場にしたり手を使ったりして進んでいき、自然の険しさを感じました。落ちて死ぬのではないかと怖くて登れなかったため、私が行けたのは鎖坂の前までです。修行者は臨死体験をしていたそうですが、このような経験を繰り返し、乗り越えていたなら、実際に何か特殊な力を手に入れられたのかもしれません。文殊堂を見上げて、材料を持ってきたとしても山の木を使ったとしても、どうやって建てたのか不思議に思いました。投入堂まで行けなくて残念だったので、次は晴れた日に荷物を減らして挑戦したいです。(8IK)

鳥取学で学んでから是非行ってみたいと思っていた

 私たちの班は、投入堂までたどり着くことができた。着くまでの道のりはとても険しくて怖くて何度も引き返したくなったけれど、同
じ班の子たちと励ましあったり、案内してくださったガイドさんに励まされながら、登りきることはできた。登っている途中も、ガイドさんがうまく登れる方法や気を付ける点、お寺の説明などをたくさんしてくださり、たくさんのことを学ぶことができた。実際に投入堂を見た時、迫力があって感動した。本当に崖の上に立っていて、当時の建築技術者の発想の独特さに驚いた。修復作業は、がけ下からレールを敷いて行っているということを聞いた。たどり着くまでと下山はとても大変だったけれど、登ることができてとても達成感があった。鳥取学で習ってから、ぜひ行ってみたいと思っていたので、実際に行くことができてよかった。(10IR)

ずぶ濡れ、泥だらけになった最高の達成感

 私は鳥取市で生まれ育ったが、三徳山の登山は初であった。小雨で、足元も悪い中での演習だった。特に、自分は靴のチェックで草鞋に履き替えさせられての登山で、最初は正直消極的な姿勢で臨んでしまった。しかし、私たちの班は、投入堂まで登ることができた。ここ最近では、最高の達成感であった。手足がずぶ濡れ、泥だらけになりながらであったが、心の底から参加してよかったと感じる瞬間であった。それは恐らく私だけでなく、班員皆が感じていたことだろう。皆最初は文句を言いながらであったが、最後には笑顔でお互いを称えあい、友情も感じることができた。とても良い機会を与えてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。(13ID)


1125三徳A班01投入03紅葉01 1125三徳A班01投入01sam


1125三徳A班02本堂講演03ドルジ01 ドルジ君


草鞋は登りやすくて驚いた!

 今回は滑りやすい靴底で訪れてしまったため、草鞋での登拝となった。そのため最初は慣れない草鞋であることや、本当に登り切れるのかといった不安が大きかった。しかし、鎖坂などを超え投入堂まで到着した際には、より一層達成感を感じることができ、結果として楽しむことができた。草鞋は地面が滑りにく、登りやすかったのも驚きだった。(22OS)

高所恐怖症の喜び ー神聖な山の紅葉

 私は、A班で三徳山三佛寺投入堂まで登り、実際にその姿を見た。写真は何度も見ていたが、実際に本物を目のあたりにして、急斜面の崖にしっかり建っている姿はにとても驚いたし、どのように建てたのか、謎が大きいなと感じた。案内の方も、まだ分かっていないことが多い日本遺産であると説明していた。私は、鳥取県には不思議と壮大で、なかなか見ることができない日本遺産があり、このような機会で見ることができて良かったなと感じた。だが、正直に言うと、私は高所恐怖症なので、登るのがとても怖く、登っている間は山登りというより崖登りだなと感じた。また、小雨が降っていたので滑りやすく、木の根や鎖を力強く握って登った。三徳山の森林については知らないことも多いが、登っている最中に見た木の根は太く、そして絡まるように土の表面に張っていたので、鋭い斜面でも木が立っていると感じたし、この根が張るまでに多くの時間を要してきたのだろうと感じた。そのような風景も、自分の知っている山登りとは大きく異なり、私も三徳山が神聖なものに見えた。とても怖かったが、下山した後は達成感が大きかった。登って良かったし、日常では味わえない風景を見ることができたので嬉しかった。そして、紅葉との組み合わせも非常に素敵だった。(47KH)


1125三徳A班02本堂講演01


わらじで登った経験でもどんな困難も乗り切れる

 私たちが生きる現代において、自然による危険なものは基本的に排除される。山道は人や車が通りやすいよう整備され、土砂崩れを防ぐために地盤強化が施されるなど、人間は自然をコントロールする術を獲得した。しかし、はるか昔にはそのような技術はなかった。今回死と隣り合わせの体験をすることで、身をもって自然の怖さや容赦のない厳しさを実感し、昔の人々が自然に対して畏敬の念を抱いた理由がよくわかった。しかし唯一不可解なのが、このような危険な場所でどのように仏堂を建てたのかという点だ。投入堂が建てられたとされるのは平安後期であり、当時の建設技術ではモノレールやクレーンもない。それにもかかわらず、雨風、地震に今日まで耐えるほどの強靭さを持っており、その事実にとても衝撃を受けた。この謎もまた、投入堂の魅力であるのだろう。最後に、今回私はわらじで登ったが、今後何か困難が訪れても乗り越えられる気がするほど三徳山の道は険しいものだった。(53KM)

人生有数の体験

 自分はA班に所属していたので最後まで登頂することができた。みんなで苦労しながらたどり着いた先にある景色は私の人生の中でも有数の体験だった。崖のくぼみに立つ懸造りの寺院は勇壮で、人間が古代からこのような自然に敬意を払ってきたことが感じ取れた。何より苦労を共にした仲間たちと素晴らしい体験を共有できたことをうれしく思う。私たちに登る判断を下してくれた教授に感謝したい。(55KH)


1125三徳A班02本堂講演04客席01 1125三徳A班02本堂講演04客席02


国宝と美しい景色と空気に触れて

 今回、三徳山の投入堂に無事登拝することができた。しかし当日の天候は小雨で気温も低く、胸中は心配事ばかりだった。その上、投入堂は険しい山道で、木の根や岩にしがみつきながら進んで行かなければいけないことを聞いていたため、不安は止まらなかった。それでも上を見上げれば山の紅葉を見ることができたり、新鮮な空気を吸ったりすることができた。しかし聞いていた通り、進むにつれスムーズに進むことができなくなった。難関はいくつかあったのだが、特に鎖坂が手強かった。鎖坂は文殊堂のすぐ下から鎖がかかっており、両手で鎖をつかみながら登った。私自身、高所が苦手なこともあり、下のことが気になったり、けがのことを考えたりしたが、ガイドのKさんが的確なアドバイスをしてくださり安全に登ることができた。投入堂手前の難関である馬の背・牛の背を越え、無事に国宝三徳山三沸寺奥院投入堂を拝むことができた。メディアでしか見たことのなかった風景が今目の前に広がっていると思うと、今までの恐怖も消え去った。ここまで登ることができて自分自身に自信が持てた。また、B班とC班は惜しくも時間が足りず途中で下山となってしまったが、ありがたいことにA班は最後まで登拝することができた。下山の際も、Kさんの的確な
アドバイスにより雨でぬかるんだ地面を回避し最後まで下りることができた。今回、国宝を見るというめったにできない体験をし、三徳山の美しい景色や空気にふれた。また、苦戦することはあったが友人やガイドの方に助けられ、無事に登拝を終えることができた。最後まで登れたという達成感と普段の生活のありがたさを感じた一日だった。(61SS)


1125三徳A班02本堂講演02



《連載情報》崖と建築のヒエロファニー 日本遺産《三徳山》フォーラム
(予報1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2669.html
(予報2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2711.html
(予報3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html
(予報4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2716.html
(予報5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2719.html
(報告1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2720.html
(報告2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2721.html
(報告3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2722.html
(報告4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2723.html
(報告5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2724.html
(報告6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2725.html
(報告7)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2726.html
(報告8)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2727.html
(報告9)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2733.html
(報告10)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2735.html
(報告11)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR