fc2ブログ

さよなら、みちくさの駅(2)

スライド1


送別講演会、迫る!

 またたくまに時は過ぎ、「みちくさの駅」送別講演会が迫ってきました。講演者の発表データもギガファイルで届き、DVD鑑賞の道具も確認しました。一般公開ではありませんけれども、親しい方には声をかけています。まぁ、メモ代わりです。恐ろしいことに、これで今年度の野外活動が終わったわけではなく、12月20日(水)には岡山美作の限界集落「右手」で古民家再生・活用に取り組む若き建築家の活動をゼミで視察します。雪が心配ですが、なんとか乗り切りたい!

《イベント名》 「みちくさの駅」送別講演会
 《日時》 2023年12月14日(木)15:30~17:30
  14:35 100講義室集合、14:40 大型バスでロータリー出発
  15:30 ごあいさつ(浅川)
  15:35 動画と講和 藤原和寛(みちくさの駅 店主)
      1)動画「笑ってこらえて ダーツの旅」智頭篇抜粋
      2)講話「みちくさの駅」の7年間
  16:10 休憩
  16:20 郷土文化を学ぶ講演「鳥取の石造物−獅子と狛犬−」
       駒井正明(大阪府文化財センター)
  17:20 コメント 政田孝(公立鳥取環境大学非常勤講師) 
  17:30 閉会
 〈聴講〉 環境大学P2/P4履修生(18名)・ASALAB有志他

《連載情報》さよなら、みちくさの駅
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2717.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2734.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2745.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2746.html
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2747.html


古民家カフェと郷土料理のフードスケープ(5)

 「みちくさの駅」送別講演会は、研究生・大学院生の活動と1・2年生のプロジェクト研究2&4「古民家カフェと郷土料理のフードスケープ」をリンクさせたものです。P2&P4の活動報告はご無沙汰中ですが、着々と進んでおり、1月下旬の発表会にむけてほぼ役割分担が決まってきました。これについてもメモしておきます。

1.ナマズの天丼づくり
 小口(1年長野)+α(土手口か大野)?  

2.古民家カフェでの活動
 1年「川のHotori」@用瀬 未定
 2年「カフェ黒田」@郡家 松浦(2年鳥取)

3.郷土の古民家カフェ 
4.郷土料理の店
 土手口(1年鳥取)南部町周辺の古民家カフェなど(3限定) 
 真下(2年京丹後)古民家カフェ(3限定)
 山本(2年鳥取)岩美の古民家カフェ(3限定)
 三宅(2年大分)3か4
 吉岡(2年高松)3か4
 吉海(2年鹿児島)3か4
 森田(2年丹波篠山)3か4
 大野(1年愛媛)イワナなど@愛媛四国中央「霧の森レストラン岩魚」4か5
 高市(1年愛媛)カジカ料理店@大洲「との町たる井」4
 藤原(1年鳥取)イワナ料理@関金「渓流料理いわなや」4

5.ナマズほか郷土の川魚料理総論
 坂下(1年石川)石川の川魚+《長野(小口)+愛媛(大野)》
 山部綜太(1年岡山)岡山の川魚 

 *まだ希望を聴いていない学生が若干います。残された役割は「川のhotori」レポート(1年)、
  「みちくさの駅レポート」、学内web作成などがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR