fc2ブログ

崖と建築のヒエロファニー 三徳山《日本遺産》フォーラム(報告11)

三徳山登山(1) 三徳山登山(2)


崖の紫宸殿まであと一歩

 当日は小雨が降っていたが、三佛寺の判断で登山が許可されたため、輪袈裟を受け取り、C班の引率補佐として予定時刻よりも少々遅れてではあるが登山を開始した。私自身鳥取県出身であるが、投入堂に登拝するのは初めてである。事前に三徳山は修行の道であるため、木の根や鎖を経由して進むなど、険しい道が続くと聞いていた為、非常に緊張していた。登山を始めると小雨の影響で登山道が湿っていたので、滑らないように一歩一歩集中して進んでいった。しばらく行くと、さっそく木の根を伝ってよじ登る斜路が姿を現した。この道は掴む根っこを間違えると足の置き場がなくなるため、特に慎重に進む必要があった。そこから20分程険しい道を歩いていくと、重要文化財「文殊堂」が姿を現した。しかし、我々C班は後に予定されていたフォーラムに間に合わないと判断されたため、ここで先に進むことを断念し、再び登山道を引き返すこととなった(強引に文殊堂まで上った2年生もいた)。もう少し進めば「崖の紫宸殿」を拝めそうな距離であり、この目で一度投入堂を見てみたかった。結果的に悔しい思いをしたが、修験道の山道を少しでも歩むことができたのは非常に貴重な経験であった。また、次に投入堂登拝に挑戦する機会があった場合、草鞋を履いてみたい。なぜなら今回草鞋を履いていた人の意見を聞くと、「意外にも滑りにくく、一切けがもなかった」と言っていたからだ。いつか、家族や友人を連れリベンジを果たしたいと思う。

前仏教としての鳥葬と輪廻

 以下は、私の分担した講演等の記録と感想である。

 講演②浅川「瞑想・礼拝と他界-日本・中国・ブータンの崖寺」: 日本の場合、特殊な自然物(山、巨岩、崖、大木など)に聖なるものを感じる傾向にあり、これを「ヒエロファニー」という。また神社が古く、仏教は新しいという印象を抱きがちであるが、それらよりも前に自然崇拝をおこなっていた。三沸寺投入堂(平安後期)は蔵王権現の紫宸殿(宮室)であるとみなされ、これに代表される日本の懸造り仏堂は山林寺院において、しばしば岩陰や洞穴と複合して独特の神秘性を醸し出している。また、こうした特殊な仏堂の源流は北魏(5世紀末)創建とされる山西省渾源県の懸空寺である。しかし、懸空寺の場合は岩陰ではなく、崖に水平に突き刺した材の上に建っている。このことから、懸造りの原型としては岩陰・岩窟を利用しない懸空寺のあり方が想定されるが、投入堂のように岩陰・洞穴を敷地としてh類のは福建省泰寧の甘露寺である。一方、ブータンにも岩陰・洞穴複合型の懸造りが非常に多く、寺は崖に立地するため、崖ドラクと言うだけで崖寺ドラク・ゴンパを意味するほどだ。石窟寺院になぞらえるなら、日中の懸造り仏堂はチャイティア窟(礼拝窟)に相当し、ブータンのそれはヴィハーラ(僧坊窟)であり、ブータンの瞑想洞穴の方が日本の懸造り仏堂よりも古いタイプの仏教の在り方を示している。また、そこで最も重要な施設は、瞑想洞穴ドラフであり、僧侶はそこで長期の瞑想修行を行う。僧侶が危険極まりない小さな洞穴で粗食に耐えながら、長期の瞑想をするのは一種の臨死体験と言える。その洞穴はしばしば鳥葬場と近く、天上世界の入口と認識されているため、彼らにとって悟りとは「生死の境を超える」ことだと考えられる。



 しかし、鳥葬は遊牧民的ではあるかもしれないが、仏教的でない。なぜこのような矛盾が生じるのか。チベット仏教で盛んな輪廻を例にとってみよう。輪廻、すなわち生まれ変わるという考え方は仏教以前から存在したはずだ。土着的思考による輪廻とは「人間世界への生まれ変わり」を目的としているが、それでは苦行の繰り返しである。そこで、仏教側が土着の葬送儀礼を否定することなく、土着の方向性をそのまま残すように努めつつ、超越的で苦しみのないブッダの世界に生まれ変わることによって、そのサイクルから逃れるというという思想を持ち込み、土着宗教との調整を図った。このように、チベットが仏教化したのではなく、仏教がチベットでチベット化した。それと同様に、仏教は日本で日本化したのである。

講演(浅川先生) 【確定_印刷用】三徳山フォーラム要旨集_page-0004 《感想》ブータンの瞑想洞穴ドラフで僧侶が行う長期の瞑想修行は、危険な場所で絶食に近い食生活を続け、自ら生死の境に追い込むものであり、日本人がこのような一種の臨死体験の修行を行うことは難しいだろうと感じた。また、世界史的にみた場合、日本の仏教は極めて特異な座標にあり、我々は特殊な状況で仏教に接していることから、日本の仏教はガラケーならぬ、「ガラ仏」であるという話が印象的であった。

 講演③東「ブータンのボン教/非仏教系遺産-山寺クブン寺と秘境ベンジ村を中心に」: ブータンを含むチベット仏教圏において、非仏教系の土着信仰が盛んであり、それを仏教側が仏教と矛盾しないようにコントロールしてきた。非仏教系の代表格とされる「ボン教」は仏教以前から存在するヒマラヤ土着宗教と言われるが、その実態と変遷は複雑である。特に大きな影響力を持つものとして、ヒマラヤ地域の守護神(ゲンイェン、ゲンポー等)、流域の守護神(チュンドゥ、ムクツェン等)があり、寺院や邸宅の中のギョンカンという秘奥の間で祀っている。仏教国ブータンでは非仏教的な守護神が日常生活に関わる祈願の対象として、仏教以上に強力な存在であり続け、その信仰心は仏教を凌ぐほど篤いと考えられているが、その信仰のあり方は仏教と対立的ではなく、仏教と融和的という特徴がある。

00講演asa04滅私01 【確定_印刷用】三徳山フォーラム要旨集_page-0005 《感想》チベット・ブータン地域は前仏教/非仏教的信仰が根付いており、非仏教的守護神が仏教以上の力を持っているが、その信仰の在り方は対立的ではなく、融和的であると理解した。また、カルマ・プンツォ博士との対話などから「ボン教」の実態と変遷の複雑さ、難解さが伝わった。

 コメント①サムテン・ドルジ「ブータンの僧院-自分を見つめなおす場所」: ブータンには何千もの仏教僧院がある。この僧院を見ることによって、どのように信仰しているのか、あるいは宗教に対する姿勢をどのように持っているのかが分かる。また、ボン教は地方ごとに色々な神様が存在し、地方の村々は特定の土地神に守られていることから、仏教化した後でも土地神をとても大切なものとして、土地神のケアをすることも非常に大事なことであると認識している。ブータンの仏教僧院は非常に美しいため、是非ブータンを訪れて直接見て触れてほしい。

講演(ドルジさん) 【確定_印刷用】三徳山フォーラム要旨集_page-0008 【確定_印刷用】三徳山フォーラム要旨集_page-0009 《感想》ドルジ氏は「僧院を見ることによって、悟りの世界が近く感じる」と話しており、写真などではなく、実際に自分の目で見るからこそ、その場で感じるものがあるのだなと思い、興味を持った。(3年C班 元主将)


《連載情報》崖と建築のヒエロファニー 日本遺産《三徳山》フォーラム
(予報1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2669.html
(予報2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2711.html
(予報3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html
(予報4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2716.html
(予報5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2719.html
(報告1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2720.html
(報告2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2721.html
(報告3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2722.html
(報告4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2723.html
(報告5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2724.html
(報告6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2725.html
(報告7)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2726.html
(報告8)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2727.html
(報告9)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2733.html
(報告10)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2735.html
(報告11)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR