fc2ブログ

ブータン民話絵本の解題(1)

 今年度前期から、新3年生は共同でブータン民話絵本3冊の和訳に取り組んできた。3冊はいずれもコロナ後再開したブータン調査(第9次、2022年末)時に入手したものである。いまや研究室の伝統となったこの演習は、従前どおり、小学校高学年の児童でも読める、分かりやすい日本語文章に置換することを目標とした。今回は、これまで以上に漢字の使用を少なくし、ひらがなが連続する場合は、適切な位置で半角アキのコマ送りをしたり、例外的に漢字を使用する場合には、送り仮名を工夫した。おそらく今年度が最後の翻訳になるので、一定の到達点を示そうと考えたしだいである。そして今回は、翻訳だけでなく、書籍の「解題」にも学生自ら取り組むことにした。そのレポートを校正し、公開する。


(ブログ)Ashi Tshomen_表紙 (ブログ)Ashi Tshomen_裏表紙


1.クンサン・チョデン作『アシ・ツォメン: 湖のマーメイド』

 ブータン初の女性作家、クンサン・チョデンの民話絵本については、これまで5作すべてを和訳している。今年度前期、彼女の最新作『アシ・ツォメン: 湖のマーメイド』の翻訳に取り組んだ。まずは書籍情報を示しておく。

書名:Ashi Tshomen:The Mermaid Princess アシ・ツォメン: みずうみのマーメード
著者:Kunzan Choden クンサン・チョデン
装幀:Pema Tshering  ペマ・ツェリン
出版:RIYANG BOOKS リャンブックス(初版2021年) *この出版社はクンサン夫妻が設立した
ISBN:978-99980-48-02-7

以下は裏表紙の宣伝文である。

  アシ・ツォメンは地下の大魔王ルーのお姫さまで、上半身は人間、下半身は
  ヘビの姿をしています。姫は水中で湖の友だちと遊ぶだけでなく、地上に住む
  人間たちの観察が大好きです。ところが、人間たちが身勝手で軽率な行動を
  したため、姫の住む湖は汚染され、湖の生き物たちは傷ついてしまいます。
  アシ・ツォメンの父である湖の王は怒り、人間たちを処罰しようとしましたが、
  アシ・ ツォメンは上手な解決策をみつけようと努力します。
  この児童書は、現代世界を舞台にして、水源を守る地底の精霊ルーと人間の
  伝統的な関係をわかりやすく説明しようとするものです。

著者 クンサン・チョデン 

 本書の著者クンサン・チョデン(Kunzan Choden)は1952年、中央ブータンのブンタン地区タン渓谷に封建領主の娘として生まれた。彼女はチベット仏教史上特筆すべき高僧ドルジ・リンパ(Dorje Lingpa 1346−1405)直系の子孫である。チベット生まれのドルジ・リンパは、ヴァイローチャナ(毘盧遮那=大日如来)の転生を自認するニンマ派の僧侶であった。青年僧の時期から、ニンマ派の埋蔵経典を発見し続け、いわゆるテルトン(宝物発見者)として知られる。1370年、ブータンに南下し、おもにブンタンでそれらの隠された古典を公開した。1376年、チベットに戻るが、息子の一人がブンタンに残り、ブータンでも血統を存続させる。クンサン一家はその家系にあたる。余談ながら、クンサン・チョデンの民話絵本『炎立つ湖』は、15世紀のテルトン僧、ペマ・リンパ(Pema Lingpa 1450-1521)の故事に係るものだが、ドルジとペマに血縁はない。
 クンサン・チョデンは幼少期、封建領主であった両親の多忙により、孤独な時間を過ごすことが多かったという。しかし、一人ぼっちではなかった。毎日のように、民話の語り部の会に参加し、昔話に熱中した。領主の父親は初等教育から彼女をインドに留学させ、英語を学ばせた。その後、1976年にインドのデリー大学で心理学の優等学士号、1987年にはアメリカのネブラスカ大学リンカーン校で社会学の学士号を取得した。こうした長い海外生活のなかで、彼女は日々「自分とは何か」という問いかけを忘れることはなかったという。そのとき必ず幼少期の民話の会の記憶がよみがえり、ブータン人としてのアイデンティティを強く意識する。帰国後、ブータン初の女性作家となり、民話や小説などの執筆活動に邁進する。
 活動の拠点は首都ティンプーではなく、彼女の生家があるタン渓谷の山里、ウゲンチョリン村である。ウゲンチョリンの旧領主居館は、中庭中央の楼閣ウチを回廊や長屋が取り囲むゾン(城郭)形式のものである。こうした旧領主/地主系の大邸宅は一般にナグツァン(Nagtsan)と呼ばれるが、ナグツァンは必ずしも小型ゾンの形式をとるわけではない。たとえば、ブータン第9・10次調査で訪れたトンサ地区ベンジ村のナグツァンは、中庭を伴わない一般的な3階建民家が大型化したものである。ウゲンチョリンのナグツァンは創建が16世紀まで遡るが、大火にあって19世紀に再建されている[Kunzang Choden and Dolma C. Roder 2012]
 クンサン・チョデンは帰国後、しばらく首都ティンプーで国連関係の仕事をしていたが、ナグツァンの法人化に伴い、拠点をウゲンチョリンに移す。以来、スイス人の夫ウォルター・ローダー氏とともに故郷で暮らしている。中央楼閣ウチが民俗博物館となり、回廊・長屋にはカフェ、ブックストア等、回廊外側にゲストハウスが整備され、いま夫妻はナグツァンの近くに新居を構える。研究室の調査隊は、2015年の第4次調査で初めてウゲンチョリン博物館を訪問してクンサン夫妻と面談し、2023年の第10次調査で再訪し、翻訳済の絵本や報告書を献呈した。


東竹林寺ツォメン 東竹林寺ツォメン@雲南省シャングリラ、2018



 クンサン・チョデンは多くの著作を世に送り出している。そのデビュー作は、1950年代のブータン女性の生きざまを描いた小説『業の輪廻』The Circle of Karma、2005、和訳なし)である。欧米数ヶ国で翻訳され、受賞した彼女の代表作である。日本語に訳されたのは『ブータンの民話と伝説』Folktales of Bhutan, 1994;今枝・小出訳1998)、『ダワの巡礼 ブータンのある野良犬の物語』Dawa: The Story of a Stray Dog in Bhutan、2004;平山・森本訳2011)の2冊がある。研究室では、文末に示したように、彼女が児童向けに著した民話絵本をすべて翻訳している。また、昨年度(2022)、卒業論文の一部として、大著『トウガラシとチーズ ブータンの食と社会』(Kunzan Choden 2008;和訳本未刊行)の全訳にも取り組んだ。


図1クンサンチョデン 左からクンサン、尾前、東、浅川@ウゲンチョリン博物館カフェ 2023


『アシ・ツォメン:みずうみのマーメイド』解説

 ブータンの民話世界は、神の住む天上界、人間の住む地上界、地霊の住む地下界に分かれる。湖や川などの水中も地下界に含まれる。地下界を支配する王をルゥ、水中の女神をツォメンという。アシ・ツォメンのアシは「姫」を意味する。物語に登場するツォメン姫は、水面に浮きあがり地上の人間の暮らしぶりを観察するのが日課であり、一種の娯楽であった。人間の世界は美しく、素敵だと感心していたが、一部の人間が湖の埋め立てを進めた結果、湖中の環境を汚染し、水生生物を傷つけていることに心を痛めていた。とりわけ父の地下王ルゥの怒りは激しく、人間に大きな処罰となる自然災害を与えて懲らしめようとしていた。ツォメン姫は、人間の住む地上界の素晴らしさを知っていたので、その世界が父によって破壊されるのをとどめるべく思案し、人間に反省を促す工夫をし、成功する。これにより、地上界(人間)と地下界(地霊)の融和的関係が恢復していくという筋書である。自然の猛威を民俗信仰と結びつける物語は古今多く、たとえば2016年に公開され、世界的にヒットしたアニメ『君の名は。』にも同類の指向が認められる。本書の場合、いわゆる環境問題を伝統的な民話/民俗的世界に引き込んで語るところに特徴がある。 
 本書を和訳するにあたって、その書名 Ashi Tshomen:The Mermaid Princess から悩みが尽きなかった。なにより苦しんだのは、マーメイド(Mermaid)という言葉である。西欧におけるマーメイドとは、上半身を人間の女性、下半身を魚とする空想上の動物であり、「人魚」あるいは「人魚姫」と訳される。一方、ブータンの場合、水中の神霊であるツォメンや地下王ルーは、上半身を人間、下半身を蛇とする神霊である。蛇こそが地下・水界の支配者であり、民俗的世界において、それは地獄から遣わされた悪霊にほかならず、天上界から舞い降りた神鳥ガルーダに食いちぎられる絵画を民家の外壁などでよく目にする。だから、マーメイドと言っても、ブータンの場合、「人魚」ではなく「人蛇」が正しい。とはいうものの、児童向けの絵本において、「人蛇」という表現はあまりにも不気味なので、今回は敢えて「マーメイド」とカタカナ表記することにした。


0828叢林003瞑想場04調伏02 0828叢林003瞑想場04調伏03縦
ナギ・リンチェン崖寺の水神ツォメン(左)と土地神ギュンダップ(右)(プナカ 2018)


 クンサン・チョデンの民話絵本は、文章が韻文のように美しい。韻文体の原文を尊重し、ただ読みやすいだけでなく、直訳に近い翻訳を研究室は重視していた。ところが、2016年秋、摩尼寺での朗読会に招聘した吉川美代子という元アナウンサー・タレントは、研究室の意向を無視し、クンサンの韻文体を独断で「分かりやすい現代文」に変えて朗読した。クンサンの文章は韻文体であるがゆえに、意味するところが曖昧な部分もあるけれども、そうした部分は読者の想像に委ねるところに魅力がある。吉川のやり方は読者・聴衆の想像力を奪う行為であり、大変残念な出来事であった。
 クンサンの文体は、いわば長くなった俳句のようなものであり、それを読むこと自体楽しい。今回の作品はさらに「押韻」に拘り、原則として二行一対の文章が必ず韻を踏む。英語での押韻であり、和訳した場合、それを継承できるか否か、もとより不安であった。実際に訳文の作成にあたって、まずは直訳に近い日本文に変換し、その後、語順を入れ替えたり、訳語の類語を探したりして、なんとか押韻を完成させたが、その結果、文章が読みにくくなっているかもしれない。そういう懸念は残った。
 さて、最後に科学研究費助成研究との関連を述べておく。わたしたちはコロナ禍を跨ぐこの6年間、おもにブータンのボン教遺産について研究してきた。はじめのころは、ボン教を、仏教に先行する自然崇拝的な宗教または信仰だと気楽に捉えていたが、調査研究の進展につれ、ボン教の概念が曖昧かつ複雑なことを思い知らされ、今に至る。仏教以前のボン教の実態を知る手がかりはほとんどなく、実際のボン教は仏教化が著しい一方で、民俗的に「ボン」と呼ぶ一連の信仰があって、それは仏教化したボンとは無縁の、地域の守護神(土地神)に係る場合もしばしばあることが分かった。実際に調査すると、ボン教に対象を絞るのは不可能であり、前仏教/非仏教系の信仰を一括して調査することになった。本書で主役を演じる水神ツォメンや地下王ルゥもまた、前仏教/非仏教系神霊の代表格であり、その偶像や祠堂をプナカ城やウゲンチョリン等で実見した。本書の翻訳もまた、ここ数年間の科研成果の一部をなすものだということである*。(出見・浅川)
 *2018~2021年度基盤研究(C)ブータン仏教の調伏と黒壁の瞑想洞穴-ポン教神霊の浄化と祭場(課題番号18K04543)
  2021~2023年度基盤研究(C)ボンとは何か-主にブータン仏教からみたボン教的聖域の構造と表象(課題番号21K004470)


《研究室で和訳したクンサン・チョデンの民話絵本》
Room in Your Heart 2011 Young Zubaan
 『心の余白 私の居場所はありませんか?』(ASALAB報告書第32輯、2016:pp.1-31)
Aunty Mouse 2011 Young Zubaan
 「ねずみのおばさん」(ASALAB報告書第32輯、2016:pp.40-73)
Membar Tsho-The Flaming Lake 2012 RIYANG BOOKS
 『メンバツォ-炎たつ湖』(ASALAB報告書第30輯、2015:pp.1-43)
Tshegho-The Garment of Life 2013 RIYANG BOOKS
 「ツェゴ-命の着物」(ASALAB報告書第35輯、2017:pp.55-98)
Guru Rinpoche is Coming 2015 RIYANG BOOKS
 『グルリンポチェがやってくる』(ASALAB報告書第35輯、2017:pp.44-54)

《参考文献・参考サイト》
・Kunzang Choden(2008) Chilli and Cheese :Food and Society in Bhutan, White Lotus Co Ltd, Bangkok 2022年度卒論概要
・Kunzang Choden and Dolma C. Roder(2012) Ogyencholin - A Manor in Central Bhutan -, Reprika Press Pvt Ltd. India
・クンサン チョデン(今枝由郎・小出喜代子訳1998)『ブータンの民話と伝説』白水社
・クンサン チョデン(平山修一・森本規子訳2011)『ダワの巡礼 ブータンのある野良犬の物語』段々社
・Sydasien
https://sydasien.se/reportage/forfattaren-kunzang-choden-kulturperson-i-bhutan/
・Dorje Lingpa
https://treasuryoflives.org/biographies/view/dorje-lingpa/8750


0828プナカ城01ルゥモ02 0828プナカ城01ルゥモ01 0828プナカ城002ruumo01
プナカ城内のルゥ(2018) 左:地下王ルゥの顔を描いた札 中:顔札を奥壁に貼るルゥ・ポダン(蛇王の宮殿) 右:祭礼の際にのみルゥは大きな偶像となる。そのはりぼての竹組みフレーム

《連載情報》ブータン民話絵本の解題
(1)アシ・ツォメン: 湖のマーメイド 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2772.html
(2)ギャルポ王とヤンチェン姫 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2774.html
(3)じんせい なんて そんなもの 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR