fc2ブログ

東鯷人cafe(第1回)のお知らせ【予報1】

復元・民家・民俗を語る

 今年度も研究室は復元・古民家・民俗・仏教など諸々の文化と遺産に係る活動をおこなってきました。その成果がようやく日の目をみる時期にきています。つきましては、以下のような研究集会を開催し、研究成果を公開しようと思います。また、つい最近、ナマズの古代食・郷土料理に関する新規研究が「全国税理士共栄会文化財団研究助成」に採択されました。じつはこの食文化の研究も最終的には建築考古学につながるものであり、その展望も示す予定です。ちなみに新規研究の運営組織は「東鯷人ナマズ食の会」と言います。東鯷人とは、日本に係る最古の文字記録『漢書』地理志にみえる倭人をさし、「東のナマズ人」を意味します。今回は新規研究のスタートにもあたるため、イベント名を「東鯷人カフェ」としました。

【イベント名】東鯷人カフェ(第1回)-復元・民家・民俗を語る
1.日時: 2月23日(金/祝)午後1時~3時半(定員25名)
       飲み物・軽食付きカフェ形式の気楽な講演会です(無料)
2.会場: 公立鳥取環境大学 まちなかキャンパス
https://www.kankyo-u.ac.jp/about/alliance/machinaka/
3.次第:
  ごあいさつ
 1)講演:麒麟の源流 序説(政田孝)25分
 2)講演:真実性と快適性からみた古民家再生の動向
       -鳥取と北陸の寒冷過疎地から(尾前輝幸)20分
 3)講演:仏教に潜む非仏教/前仏教の諸相
       -ブータンの秘境から(東将平)25分
 4)講演:菅原遺跡「円堂」復元の批評
       -行基を供養する十六角形の建物(武内あや菜)20分 
 5)鳥取城の復元-中ノ御門表門と渡櫓門(岡垣頼和)30分
  おわりに-東鯷人と建築考古学(浅川滋男)

4.主催: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ
  共催: 麒麟のまち想造プロジェクト
  協力: 日本遺産三徳山・三朝温泉を守る会

5.お問い合わせ先:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp
  このブログにコメントしていただいても構いません。

 多数のご来場をお待ち申し上げます。

【環境大学まちなかキャンパス】
〒680-0833 鳥取市末広温泉町160
日交本通りビル3階301号室(まちパル鳥取3階)
TEL:0857-30-5501 FAX:0857-30-5503
E-mail:machicam@kankyo-u.ac.jp
*駐車場は分散的になっておりますので、お問い合わせください。

《連載情報》東鯷人cafe(第1回)のお知らせ
予報1 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2786.html   
予報2 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2788.html
予報3 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2794.html 
満員御礼 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2796.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR