fc2ブログ

寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題 -真実性と快適性の両立へむけて《2023年度卒論概要》


卒論1枚目(尾前) スライド1


 こんにちは、尾前です。2月7日(水)ポスター研究発表会の発表内容と概要を報告させていただきます。 卒業研究にご協力いただいたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

題目:寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題
    -真実性と快適性の両立へ向けて-
Issues of restoration of Traditional Private Houses and migration in cold depopulated areas
-Toward the Compatibility of Authenticity and Amenity -
 【中間報告


1.日本の過疎過密問題と古民家再生

 昭和戦後から近年に至るまで、気候条件の厳しい日本海側を離れ、太平洋側の都市部に仕事を求め、移住する傾向が強まっている。この結果、日本海側では、著しい過疎と高齢化が進行し、大きな社会問題になっている。一方、そうした過疎地の自然や文化を愛し、そこを自分の「居場所」だとして動こうとしない人も多くいる。本研究は、古民家の保全再生の変遷を、そうした人間の居場所や移住の問題と絡ませて論じるものである。とくに、古民家の文化財としての真実性(オーセンティシティ)と住まいとしての快適性(アメニティ)のバランスについて注目する。


卒論2枚目(尾前) スライド2


2.文化財指定された古民家の実態

 昭和40年代前後の高度経済成長期、活発な地域開発により国土の景観が乱れ始め、また大都市と地方の過密過疎問題が露呈してきた。こうした状況を危惧した文化庁は日本各地の町家・農家の状況を把握し、文化財としての指定と保存をめざして、全国緊急民家調査を実施する。この成果を受けて、突出した価値をもつ多くの民家が国や自治体の指定文化財となった。スライド2の左は国指定重要文化財(重文)の一例である。大学の近隣にある重文「福田家住宅」は囲炉裏やカマド、屋根構造等、江戸時代の姿をよく残しており、文化財としての真実性を高いレベルで保持している。しかし、重文であるがゆえに、現代生活に見合う内部改修が許されない。そのため福田家は、道路の対面に住宅を新築し、生活の快適性(アメニティ)を高め、そこで現代的な生活を送りながら、空き家となった重文民家を管理している。重文民家ではこういうケースが増えており、左下の石田家住宅も居住者がおらず、真実性の高い空き家を考古学的標本として公開している。
 右側は自治体指定の民家である。自治体指定の民家は、国からの補助に恵まれた重文とは違い、維持修理の補助金が少なく、自己負担金に耐えられなくなり、それでいてアメニティ向上のための内部改装も認められない。その結果、居住者が「指定解除」を求めるケースがやはり増えている。右上分布図の赤丸、青丸は鳥取県内で指定解除となった民家である。最も強調した分布図赤丸は指定解除となった日野郡内井谷の内藤家(県指定)である。もともと豪雪の影響で建物が傾いていたが、2000年の県西部大地震で半壊状態に陥り、指定解除となった。いま訪れても民家はなく、空き地になってしまっている。周囲の民家もすべて空き家で、集落は廃村化している。これが日本海側山間集落の現実である。


卒論3枚目(尾前) スライド3


3.町並み保全と登録有形文化財

 1975年の文化財保護法改正で、町並み保全の制度(重伝建)が制定され、町並み保全地区内の古民家は、外観さえ維持すれば、内部の改装は自由にできるようになった。その方式に従う場合、1棟につき上限一千万円の補助金が支給される。ただ、これは国の重伝建(左側)のみの補助であり、右側の自治体の町並み保存地区の場合は補助金は十分ではない。
 まず国選定重伝建の代表例として、奈良県橿原市の「今井町」を取り上げる。今井町は戦国時代の寺内町に端を発し、今でも江戸・明治の景観を非常によくとどめている。保存地区内には国の重文や県市の指定文化財の建造物を数多く含んでいる。日本有数の町並みを誇る集落であり、民家内部の活用・転用を抑えて、町全体に重要文化財の趣きがひろがっている。
 スライド3左下の美山は、京都府南丹市の重伝建であり、近畿を代表する「茅葺きの里」である。39棟のかやぶき民家が軒を連ねる。今井町と違い、民家を活用したカフェ、民宿、土産物店などに転用されているが、内部改装は大人しくまとめている。
 右上は奈良町(ならまち)である。重伝建ではなく、奈良市の都市景観形成地区として民家の再生・活用が活発だ。東大寺・興福寺・元興寺などの門前町として栄えてきたところで、観光客が非常に多いエリアである。右下は鳥取県智頭町の「板井原」である。県の伝建地区に選定されているが、この集落に常住するのは2世帯のみ。いわゆる限界集落である。母親の故郷にUターンした女性が古民家カフェを開いていて、結構人気がある。素朴ながら、カフェらしい内装に改修されている。こうした改修・再生は重要文化財ではできない。


卒論4枚目(尾前) スライド4


4.アメニティの向上とオーセンティシティの喪失

 重伝建地区において、民家の内部改装は自由であることから、アメニティ(快適性)の向上が期待された。しかし、過度の内部改装は、古民家の魅力を損なう原因となる。スライド4上は兵庫県の重伝建「篠山」の蕎麦屋である。城下町の町家らしい外観をよくとどめているが、内部は壁も天井も新建材をはりつめており、民家の真実性をまったく感じさせない。骨董のような和風木造の風貌と歴史性を失ってしまっている。このように内部の自由な改装は、文化財建造物のオーセンティシティに大きなダメージを与える場合がある。
 もちろんすべてがこのような状態に陥っているわけではなく、同じ丹波篠山市の重伝建「福住」にあるパン屋は、建物の内部でも、古い部材を非常によく残しており、カウンターやガラスケースのみ新しくして快適性を確保している(スライド4下)。築150年以上の古民家を、大阪から移住してきた若い夫婦が地元の大工さんと協働して内部改装したものである。


卒論5枚目(尾前) スライド5

5.登録有形文化財としての古民家再生

 1995年の阪神・淡路大震災の被災を受けて、文化財保護法が再改定され、翌96年から登録文化財建造物の制度が導入された。ここにいう「登録」とは表彰の制度であり、建造物の所有者に保存の意欲を奨励しようとするもので、原則として維持修理のための補助金は平時において支出されない。このため規制は緩く、やはり内装の改変には寛容である。
 鳥取市の登録文化財「加藤家住宅」の修復・改修には、本研究室が自ら取り組んだ。この民家は創建が 18 世紀に遡り、一部で劣化が激しくなっていた。とくに屋根にはすでに茅が全くなく、鉄板一枚で覆われ、雨漏りが発生していた。これに茅を葺き直すと2,000万円以上の経費がかかるので、外観は鉄板に覆われた茅葺き屋根にみえるが、じつはスギ板で箱をつくってその上に鉄板を貼り付ける屋根に改装し、その内側にロフトを設けた。経費は半額以下になった。こういった改変も登録文化財では許される。


オーセンティシティとアメニティ-奇跡の集落「竹所」

 スライド5右は新潟県十日町市の限界集落「竹所」に30年近く住み着いて古民家再生を続けるカール・ベンクス夫妻の自邸「双鶴庵」だ。1993年、たまたま友人の米の買い付けに同行して中門造の廃屋を発見し、それを150万円で購入したそうだ。そのぼろぼろになった古民家を解体し、使える部材を極力使って架構を組み直し、断熱処理を万全にした。また、畳は使わず板のフローリングをして椅子・テーブル・ソファを持ち込み、天井を取り去って大きな梁を露出させた。このような工夫により、再生民家は真実性をアピールしつつ、快適性を高めている。見事な和洋折衷・新旧融合の傑作である。文化財保護とは無縁のところで、外国出身の建築家が模範となる古民家再生を成し遂げたことを、日本人は重く受け止めなければならない。


卒論6枚目(尾前) スライド6


6.カールベンクス古民家ゲストハウスの宿泊体験

 私は昨年12月、十日町市を訪れ、カール・ベンクスさんにお目にかかり、いくつかの作品と工事現場を視察した。松代カールベンクスハウスは、明治末の旅館を再生したもの。1階はフレンチ料理のカフェ・レストラン、2階はカールさんの設計事務所となっている。ドイツの骨董らしい重い扉を開けると、まるで東欧のバーのように重厚でおしゃれな空間があらわれる。ヨーロッパの建具や家具など異国情緒溢れるインテリアと欄間・木鼻・箱階段・虹梁など和風の設えが絶妙にブレンドされているのだ。 柱や梁の露出、日本の家具・建具・古材等、和の意匠をベースとしながらも、ソファやテーブル、冬の寒さを凌ぐ薪ストーブ、ペアガラスを取り入れて、現代的な生活にも対応しており、オーセンティシティとアメニティの融合を体感できる。
 幸運なことに、カールベンクス古民家ゲストハウスに宿泊することもできた。茅葺き屋根を維持すると高くつくため、カールさんは民家の外観を大胆にもドイツ式のハーフティンバー式にしているが、内部は和風の古材をそのまま受け継いでいる。それでいて、ソファ・椅子・キッチン等は現代的もしくは西洋風のものに変えており、ここでも少し違った形でオーセンティシティとアメニティの両立を実現している。豪雪地帯であるだけに寒さ対策は万全であり、断熱材などの効果により、ゲストハウスの中ではTシャツ1枚で過ごせた。こうしたカールさんの再生古民家は、大変人気があり、多くの移住者を呼び込んでおり、集落の人口はこの十数年で倍増している。普通、古民家を再生したぐらいで人口が増えることはないが、カールさんの作品と人間的な魅力があいまって、人を集め続けているのだ。実際、わたしの訪問時も、竹所で11軒目の再生古民家「とちのきハウス」を建設中だった。カールさんは、自分の設計事務所で後継者を育成中であり、わたしなど学生の訪問も快く受け入れてくださる。カールさんの遺伝子が日本全国にひろまることを願うばかりである。


卒論7枚目(尾前) スライド7


7.雪国のセカンドハウスを探る

 研究室の教授はあと一年余りで大学を退職されるが、関西の実家にはすでに物があふれており、大学等にある大量の蔵書の置き所に苦慮されている。そこで、古民家もしくは木造建築を購入し、「書庫兼アトリエ」となるセカンドハウスに再生活用し、雪の多い冬は関西、春から秋はセカンドハウスで執筆活動をするという住み替えを構想しておられる。研究室では候補となる建造物を調査してきており、昨年度は鳥取市河原町の土蔵再生計画に私も関わった。土蔵は断熱性が高く、室内温度の変化が少ないため、書庫として非常に優れており、セカンドハウスにピッタリだ。不動産会社も、土蔵周辺のみの分譲を認めていたが、いざ売買となると、東京在住の所有者が分譲を渋り、敷地300坪の一括購入を要求してきたため、話は頓挫してしまっている。
 次に候補となったのは智頭町福原のそばカフェ「みちくさの駅」。諸般の事情で昨年末閉業され、今は空き家となっている。ぽつんと一軒家の大型木造建築はやはりセカンドハウスに転用しやすいと思われたが、売値が予想以上に高いため、こちらも交渉は保留状態だ。いまは岡山県の町並み保存地区「大原古町」で物件をみている。古町は、すでに3組の移住者が古民家を再生・活用しており、その建築設計には、NHKの番組「いいいじゅー」で取り上げられた建築家、丸山さんが携わっている。そこに売物件の町家があり、行政や不動産会社との交渉が始まった。この売物件は宿場本陣の対面にある端正な外観の建物で、売値が250万円と異常に安く、購入意欲も湧いた。しかし、内部を観察したところ、雨漏りにより腐朽・劣化が目につき、その修復代だけで相当かかることがあきらかとなった。また、背面の建増部分は不要であり、高額の撤去費も必要となる。一方、行政側の補助金は、移住・リフォーム・撤去のいずれも上限30万円であり、必要経費に遠く及ばない。
 移住者の居場所として空き家となった古民家は有力な候補だが、実際に内情を調べると、一筋縄ではいかない、というのが実感である。本当に移住者を増やしたいのであれば、行政はもっと大胆な補助をする必要がある。カール・ベンクスさんの再生古民家は、安いわけではないが、それでも買い手が多いのは、カールさんの作品がその値段にふさわしく、「終の棲み処」としてこれ以上のものはないと判断されるからだろう。そうした居場所でなければ、大金をはたいて移住する第一歩を踏み出しにくいのが現実だと思われる。


卒論8枚目(尾前) スライド8


8.文化複合体としての民家-ブータンの体験

 以上、古民家の保全と再生のあり方を通時的にみてきた。やはり文化庁の主導する文化財保護系の古民家再生はどうしても真実性に傾斜する傾向があり、町並み保全や登録文化財で内部の快適性を高めようとしても、「成功例」と言えるほどのものがほとんどないように思われる。この厄介な問題の模範的な解答を示したのは、日本人ではなく、東ドイツ出身の建築家であり、その場所がまた新潟県の寒冷過疎地の限界集落であることは驚くべきことである。現状で、古民家再生における真実性と快適性のバランスの問題に、カール・ベンクス以上の解が出せている例は、行政にも、日本の建築家にもないといって良いだろう。
 最後に余談となるが、昨年夏に参加したブータン調査での古民家体験についても触れておく。ブータンはヒマラヤ南麓に位置する寒冷過疎地域で、農村ではいまだに自給自足的生活を送っているところが多く、わたしたちは西ブータンのハ地区や中央ブータンのトンサ地区で、古民家に宿泊したり、食事をしたりして調査を続けていた。そこでは、ただ有形の古民家がよく保存されているというのではなく、歴史的建造物の大部屋に母系の大家族が一同に介して食事する文化の在り方を体感することができた。再生だ活用だという前に、文化とはどういうもので、その全体を守るというのはどういうことなのかを深く考えさせられた。
 しかし、そういうブータンでも、日本の日本海側と同じく、人口流出の勢いがすさまじく強くなっている。「世界で一番幸せな国」として知られるブータンだが、若者の国外流出に歯止めがかからない。古民家を訪問した際、中東で長期の出稼ぎをしたり、渡米して長くアメリカに滞在すべく準備している若い女性にも会った。そうした流出者は、渡航ビザがうまく取れるように、渡航後の外国生活がうまくいくようにと、司祭を呼んで土地の守護神に祈願する。じつは、滞在した民家では、高齢者から「うちの娘を日本に連れて帰ってくれ」と本気で依頼されたりもした。ブータンの文化のすばらしさを知ると同時に、これからその社会と文化がどのように変化していくのかが大変気にかかる調査となった。

《参考文献》
浅川 滋男(編)
 2005a『河本家住宅-建造物調査報告書』浅川編、琴浦町教育委員会:100p.
 2005b『倉吉の町家と町並み-重伝建地区外側の景観をいかに保全するか』八橋往来まちなみ研究会:24p.
 2007a『尾崎家住宅 ―建造物調査報告書』湯梨浜町教育委員会:110p.
 2007b『加藤家住宅の実験-ローコストによる古民家修復手法の開発』平成18年度鳥取県環境学術研究費助成研究・日本住宅・木材開発センター(HOWTEC)助成研究成果報告書:135p.
 2010『セルフビルド&ゼロエミッションによる民家の持続的修復 -加藤家住宅の実験(Ⅱ)』平成21年度文化庁「NPOによる文化財建造物の活用」事業成果報告書:57p.
 2015『メンバツォ -炎たつ湖』クンサン・チョデン著(浅川研究室訳):74p.
 2016『心の余白 -わたしの居場所はありませんか』クンサン・チョデン著(浅川研究室訳):76p.
 2017『グルリンポチェがやってくる』クンサン・チョデン著(浅川研究室訳):100p.
 2019 『ラ・ジャ-天の鳥』(浅川研究室訳):102p.
 2020 『古民家「終活」の時代-文化遺産報告書の追跡調査からみた過疎地域の未来像』令和2年度公立鳥取環境大学特別研究費成果報告書:159p. 
 2022 『ブータンの風に吹かれて-中後期密教空間の比較文化-』平成30年度~令和2年度科研費基盤研究(C)・令和3~5年度科研費基盤研究(C)成果報告書:100p.
 2023 『居場所とマイノリティ』令和4年度公立鳥取環境大学特別研究費助成成果報告書:124p.
中林保
 1997『因幡・伯耆の町と街道』富士書店
降幡広信
 1997 『民家再生の設計手法』建築資料出版社
来見田博基
 2012『鳥取藩の参勤交代』鳥取県
堂下恵
 2012『里山観光の資源人類学-京都府美山町の地域振興-』新曜社
藤原岳史
 2022『地域再生ビジネス-古民家再生から始まる持続可能な暮らしと営み-』プレジデント社
NHK取材班
 2022 『カールさんとティーナさんの古民家村だより』主婦と生活社
Knut Einar Larsen Nils Marstein
 2000 Conservation of Historic Timber Structures An ecological approach,
BUTTERWORTH HEINEMAINN
Kunzan Choden
 2008 Chili and Cheese:Food and Society in Bhutan, White Lotus Co Ltd

《関係サイト》
1.P2&P4「古民家カフェと郷土料理のフードスケープ」
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2671.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2680.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2705.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2708.html
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2734.html#more
(6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2768.html
(7)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2770.html
(8)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2775.html

2.さよなら、みちくさの駅
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2717.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2734.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2745.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2746.html
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2747.html
(6)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2748.html
(7)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2770.html

3.雪国の再生古民家をたずねて
(1)十日町市松代 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2753.html
(2)十日町市竹所 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2754.html
(3)智頭町板井原 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2755.html
(4)美作市大原・右手 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2756.html
(5)美作市大原・右手〈学生課題〉 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2757.html

4.その他
①うだつの上がらぬ町家(1)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2767.html
②買い物に悩むバースデー(大原・右手の学生課題〈2〉含む)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2758.html
③美作の久米屋を訊ねて
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2730.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR