fc2ブログ

答辞と記念品交換

 答辞のテキストデータが届きましたので、ここに掲載します。


答辞

 寒さの厳しかった冬も終わり、桜の花が咲き始める季節となりました。本日は、私たち卒業生のためにこのような盛大な式を挙行していただき、誠にありがとうございます。江﨑学長をはじめ、教職員の皆様、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様、保護者の皆様に、卒業生一同、心よりお礼申し上げます。
 4年前の春、これから始まる大学生活、新しい環境や出会いに心躍らせ、この公立鳥取環境大学に入学しました。しかし、待っていたのはコロナウイルスによる規制でした。入学式はなく、授業はオンライン、サークル活動は制限され、1年次の大学祭は中止。人と関わる機会がなく、ただ起きて、ご飯を食べて、家で授業を受ける。その流れを繰り返すだけの毎日を過ごしていました。
 2年次からは徐々に制限が解除されはじめ、大学へ行く日が増えました。活動できることに嬉しい気持ちのなか、ある日、楽器を背負った人の後をつけ、部室に飛び込み、勢いのまま吹奏楽部に入部しました。コロナの影響で活動ができず、規模が小さくなってしまった部活を再構築しようと決め、イベントの参加、学内自主演奏会等、少ないメンバーで率先して動いているうちに人が増え、たったの4人だった吹奏楽部は、20人ほどまで成長しました。部を一から作り上げるという経験、これは一人でできることではありません。縁があって集まったみんなの力がなければ成し遂げられませんでした。一緒に吹奏楽部を作り上げたことは絶対に忘れません。非常に濃い時間を過ごし、吹奏楽部での経験は私を大きく成長させました。
 また、授業、ゼミ、アルバイトなどで多くの友人に出会いました。何気ないことかもしれませんが、家に集まって勉強をしたこと、好きなバンドの話、一緒に歩いた帰り道もよく覚えています。みんなで行った卒業旅行、ゼミのフィールドワークで訪れた国内外の多くの場所、部の打ち上げ、個人的に開いてくれた誕生日会や送別会など。みんなとつながった縁が、ここの場では語りきれないほどの青春を形作ってくれました。
 もう少し、あと少し一緒に過ごせると思っていた分、今日この日に寂しさや辛さを感じている人もいるでしょう。それでも人生は次のステージへと進んでいき、そこにはたくさんの人との出会いが待っています。「我、人と逢うなり」と書く”我逢人”。人と逢うことからすべては始まる。人との出会いの尊さを表す禅語です。たとえ些細な縁でも、人との出会いは何かを生み、自分自身を成長させてくれます。これから壁に直面して気持ちが沈んでしまうこともあるかもしれませんが一人じゃない、人と支え合いながら、毎日を一歩ずつ歩んでいける皆様のステージが、人との出会いで輝かしいものであるよう願っています。
 最後になりましたが、ご指導いただきました先生方、サポートしてくださった職員の皆様、多くの時間を共に過ごしてきた友人たちに改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。そして後輩の皆様のご活躍と、公立鳥取環境大学のより一層の発展を祈念し、答辞とさせて頂きます。

令和6年3月20日
卒業生代表 環境学部 環境学科
尾前 輝幸

--

記念品交換

 21日(木)11時半、本通りの「吾妻そば」集合と決めていたのだが、家を出る直前に一平さん問題を報じるTVニュースが目に入り、動けなくなった。これは相当ヤバイ話である。大谷選手自身はスポーツ賭博をやっていないだろうが、司法がどういう判断を下すか、予断を許さない。


0321ダウラ



 吾妻そばは振替休業だった。昨日の卒業式後、学生たちは同級生、下級生との記念撮影や謝恩会に忙しかったので、わたしは一人早めに帰宅した。で、本日、卒業生との記念品交換を最後の午餐会を兼ねてやろう、ということになったが、目当てのアルマーレはまた「臨時休業」となっていた。代わりの候補を探しあぐね、気楽な蕎麦屋にしたのだが、ここも閉まっていた。距離を考えると、ダウラがいちばん近いので移動。そこで、記念品の交換となった。例年とはちょっと趣きを変え、ボルドーワインなど差し上げました。卒業生からは健康腰掛けマット(車の運転席などで使う)と夫婦茶碗を頂戴しました。有難う!
 こうして、とうとう別れのときがきた・・・といいつつ、わたしは放送大学鳥取学習センター経由で大学に戻り、院生は4年2名を送ってから帰学した。ここだけの話、院生は修論の一部(わずかな部分)が完成していなかったのである。やり始めたのは2月29日ころで、マカオに出発する3月8日までには悠々できた課題なのだが、だめなんですね、この人。いつもこうなんです。就職してからは改めていただきたい。彼が作業している間、わたしは学部事務、入試広報課、研究交流課、情報メディアセンターをまわった。ブータン絵本の謹呈と新しい出退勤システムの手続きなどを済ませていった。
 午後5時を過ぎて、院生も作業が終わり、荷物を駐車場まで運んでもらって、今度こそ本当の別れとなった。院生はたぶん、ナマズの天丼を食べにくるだろう。そういう奴だからね。


 隠れたユーミンの名曲「最後の春休み」 恥ずかしながら、ジャージ姿の真美子さん(バスケット選手時代)をみていて、この曲を思い出しました。明日はユーミン版を貼り付けます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR