fc2ブログ

沈黙-サイレンス-

風景の違和感

 マーティン・スコセッシ監督(原作:遠藤周作)の『沈黙-サイレンス-』(2016)を視た。関ヶ原の戦から大坂の陣を経て徳川が幕藩体制と鎖国制度を強化した17世紀前半、マカオでは聖ポール天主堂の建設が進められ、日本から逃れてきた切支丹が天主堂近くの茨林囲に移り住んで、天主堂の造営を補助していたころの物語である。3時間の長作。残念ではあるけれども、外国人が日本の歴史文化を描くには限界があると感じた。いくつか違和感がある。
 まず言語。宣教師ばかりか、日本の百姓や代官まで英語を喋っている。宣教師はポルトガル語、日本人は日本語にして字幕をつけるのが最善だと思うのだけれども、それではアメリカで興行成績が上がらないのか。


0401対馬の小屋 桐谷家 0401対馬の藻小屋 0401対馬峰町木坂の藻小屋 (左)対馬桐谷家のコヤ(県指定)民家付属の蔵 (中)対馬の藻小屋兼船小屋:石垣壁に板石葺屋根 (右)整備された対馬峰町木坂の藻小屋(瓦葺きは新しい) 


 次に風景。17世紀の日本を再現できる場所が日本にない、ということで、台湾をロケ地にしているが、やはり「日本じゃない」と感じた。海岸線や山河の風景をみて、そう思う。現場に再現された離島集落のセットもちょっと違う。台湾先住民と日本の古民家がごっちゃになっている。いちばん気になったのは高床倉庫。脚の長い弥生時代風の高床倉庫で、壁を板校倉風にしていた。倉庫を造りたいなら、対馬のコヤ(↑左)のようにみせたい。床は低く、柱を平にして、壁は横板落込、屋根は板石葺とする。住まいは、壁を石垣にする。土間式で軒を低く、屋根は板石または杉皮(↓右)で葺いて石で押さえる。茅葺きの場合、必ず逆葺きとする。柱は掘立。台風の水平力に強い構造としたい。本州の広間型民家はまだ入ってきていない。あくまで中世型住居の環東シナ海離島バージョンを構想・復元したい。


0401韓国済州島城邑民俗村の民家 0401隠岐道後釜・佐々木家住宅 (左)韓国済州島城邑民俗村の民家 *17世紀ころまでの漁民の住まいは藻小屋が大きくなって済州島の民家に近かったかも? (右)隠岐道後釜・佐々木家住宅(重文)の杉皮石置屋根


 寺院や代官所の建築も重厚感を感じないセットである。日本の17世紀の寺院や書院で撮影して欲しかった。あるいは、映画村の建物でもいい。スコセッシの映画セットは日本の映画村のレベルより少し劣る。勝新の座頭市のような懐かしさを感じないのである。






日本という沼にキリスト教の花は咲かない

 キリスト教について、スコセッシは本音としてどう感じていたのだろうか。宣教師は「真実は一つ」だとしてキリストをブッダを上回る普遍的存在だと主張するが、長崎奉行はそれを柔らかく否定する。それぞれの土地に咲く花は違うのだ、と。自分のような権力者がキリスト教を拒否しているのではなく、日本という「沼」がキリスト教の花を咲かせないのだ、と。長崎奉行役のイッセー尾形の演技は卓越している。怒鳴り散らして敵を弾圧するのではなく、にこやかに柔らかに説得し、言うことを聴かない切支丹は柔和な表情のまま容赦なく拷問し、処刑する。こういうタイプがいちばん怖い。ゴッドファーザーpart3だったか、血気盛んな若い衆にマイケル・コルレオーネが諭すシーンがある。「敵を憎むな」と。「敵を憎まず、冷静な心で葬れ」と。奉行はそのまんまの人物だ。

 戦国時代から江戸時代初期にかけて、切支丹大名が多かったことは理解できないでもない。信仰の代わりに、兵器や医薬品などの支援が得られたからである。しかし、平戸・五島列島から天草にかけての熱狂的平民信者の多さがなぜなのか、よく理解できない。たんなる流行ではなく、踏絵を踏むより死んだ方がマシだと思っているのだから。何がそこまでの信心を生んだのか、と思うのである。踏絵を踏めば命が助かるなら、踏めばいい。棄教せよ、と迫られるなら、表向きは棄教して、心の中で信心を保ち続ければよい。キリストはその行為をお許しになるだろう。
 日本人は形骸化した仏教徒だと私は思っている。日々仏教が必要なわけではない。葬式や法要のときに限って、儀式的に僧侶を招いて読経してもらうだけのことである。初詣と結婚は神道にとって代わり、僧侶は要らない。日本人は信心深くない民族だと思っていたのだが、切支丹信者だけは違ったようだ。なぜそこまで苦しんで主を信じるのだろう。信じても「沈黙」のまま助けてもくれないのに。キリスト教が日本に向いているか否かという問題よりも、一徹な信心の怖さをしみじみ感じた。その信心深さに異文化性/異教性を感じる。



篠田正浩監督『沈黙』(1971)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR