fc2ブログ

マカオの切支丹-茨林囲への途(1)

茨の二義性-茅と受難と

 昨日すこし触れたように、マカオ都市大学の李先生(テイ君の指導教員)が送信してくださった「茨林囲」の映像データ等を紹介しておきます。わたし自身、まだ流し読みしかしていないのですが、とても重要なことが分かってきました。鍵を握るのは「茨」という漢字です。驚いたことに、「茨」は国字(和製漢字)らしい。一つに、「茅」もしくは「茅葺き小屋」を意味します。そういえば、石州好みの茶室を含む大和郡山の書院「慈光院」では、あられ石敷きの参道を上がると「茨木門」に至る。寄棟茅葺きの二重門です。「茨林囲」の「林」はたぶん建物が軒を連ねている様子をさすのでしょう。つまり、当初は茅葺きの集落だったということで、ますます日本人の民家集落がイメージされますね。「囲」は裏長屋小路のこと。


慈光院茨木門01 慈光院茨木門02 慈光院 (左)茨木門 (右)書院遠景


 日本のキリシタンが逃れて居着いた集落としてふさわしい風景が「茨林囲」の三文字からうかがわれるわけですが、じつは「茨」にはもう一つの意味が隠されている。キリストがゴルゴダの丘で十字架にかけられた磔刑の際、キリストの頭にはイバラ編みの冠がかぶされた。つまり、茨(冠)とは受難の象徴です。中国語では「荊冠」と書く。平たく言うと、茨=荊とはトゲのある草のことです。深いですね。ちょっと驚いています。
 このほかではジャガイモ栽培の件がよく取り上げられています。茨林囲にあって、日本人の大好きな米ではなく、芋を植えたのはなぜか? 16世紀後半~17世紀前半の都市化がどの程度だったかは分かりませんが、米をつくるなら大規模な平坦地と灌漑システムが必要なんだけど、ひょっとしてジャガイモを「コロンブス大交換」と関連づけて解釈しているのかもしれません。以下、提供された情報の概要です。文字が繁体字なのは、李先生が台湾出身だから。
--

很開心收到您的訊息,也期待教授再次來澳門深度考察。
知道您對茨林圍的關注,以下提供教授參考:
ご連絡いただき、大変嬉しく思います。またマカオにお越しいただけることを楽しみにしております。
茨林囲にご関心があると知り、以下、教授の参考のために提供いたします。

①电视节目|第2874集- 澳门现存围村-茨林围 - 澳廣視 TV番組 第2874集-マカオに現存する長屋小路-茨林囲
https://www.tdm.com.mo/zh-hans/video/program-playlist/433442?tabIndex=0
聖ポール天主堂の付近には、今でも人が住む長屋小路集落があります。その名は茨林囲(ツィラムワイ)、400年近い歴史があります。『茨林囲口述歴史』(原題:茨林围口述历史)という本は、古くからの居住者の徹底的なインタビューを通して昔日の裏長屋の風情を知ることができます。

②《茨林圍口述歷史》有篇免費、有侵權之嫌的文章可以看看:
『茨林囲口述歴史』には、著作権侵害申請されている記事が無料で掲載されているので、ぜひチェックしてください:
https://ilalexlai.com/%e8%8c%a8%e6%9e%97%e5%9c%8d%e6%b8%a9%e9%a6%a8%e8%b5%b0%e4%b8%80%e5%9b%9e/?fbclid=IwAR0ppZ6Ad6b51x5iX7b36fS8Q6K23alk2QsSJBQTTDVT0hWorGqfx-nH8sw_aem_AaIM3eOfiCDcuy07rbbXa4FP6QGQT80blJN6axy2k6S0UEZgViFFO0p9k2GBYWh9KPFGdoTkFfzvJknViT-LhWas

③薯仔“種”岀茨林圍 茨林囲にジャガイモを植える
https://www.youtube.com/watch?v=Pl3WmVd8c4o
【澳門記憶】大三巴牌坊旁的茨林圍,原是古時的“慶盛坊”,也曾是日本天主教徒聚居的圍村;隨著社會變遷,茨林圍曾逐漸走向衰微,所幸茨林圍仍保留著一批極具歷史價值的文物,並由一群生於此、長於斯的老街坊進行活化,讓古樹、古井、古城牆煥發新機,繼續述說茨林圍的記憶。
【マカオの記憶】 聖ポール天主堂跡の隣にある茨林囲は、古くは「慶盛坊」と呼ばれ、日本のキリスト教徒が住んでいた小路集落です。 社会の変化とともに、茨林囲は次第に衰退していきましたが、幸いなことに、この地域には歴史的価値の高い文化財が残っており、ここで生まれ育った旧住民のグループが再生活動を行っているため、古木や古い井戸、古い城壁がよみがえり、茨林囲の記憶を語り継いでいます。


④茨林圍的馬鈴薯: 一段「哥倫布大交換」的故事 (中文的“茨”字,有茅屋的意思,植物有茨實及茨菜(馬齒莧),這裡的“茨Ibara”是日本漢字,與葡文Espinho同意,為耶穌刺冠的荊棘。大三巴附近的街道,或說聖保祿學院範圍的街道都與耶穌有關,請參考葡文名稱)
 茨林囲のジャガイモ: 「コロンブス大交換」物語の一節。(漢字の「茨」は「茅葺き小屋」の意味。植物には「茨実」と「茨菜」がある。ここにいう「茨」は日本の漢字で、(トゲを意味する)ポルトガル語の「エスピーニョ(Espinho)」と一致し、 イエスの茨冠をさします。 (聖パウロ天主堂・大学周辺の街区はすべてイエスにまつわるので、ポルトガル語の名称を参考にしてください)。
https://memorymacau.blogspot.com/2021/07/blog-post.html?fbclid=IwAR1_-1Fl0cO0OdjRLd6zvGUz7XS-0jeLXjAOAGMkWyzQmPzoNBPzDyM_b_0_aem_AaLDN4zWkWBbWlVqeL6pWQFgEaxpl0xfnjJGAT5NKe02AXBZg3vsBAX7E7MtAlNmCwziI1v2-C3WjyVbXGklo3At

⑤茨林圍   在澳門名地標——大三巴牌坊的背後,有一處名為「茨林圍」的地方,但這名字又從何而來呢?在十六世紀末,日本禁止天主教傳播,教徒也受到迫害,一些教徒因而逃離日本,前往澳門生活。這些日本教徒居住在聖保祿神學院背後的空地,並且種植馬鈴薯為糧食,因而得到此地名。不過,我們有沒有想...
memorymacau.blogspot.com
 茨林囲(ツォラムワイ)  マカオで最も有名なランドマーク、聖ポール天主堂跡の裏手に「茨林囲」という地名の場所がある。しかし、この名前はどこから来たのだろうか? 16世紀末、日本でキリスト教の布教が禁止され、信者が迫害されたとき、日本を逃れてマカオに移り住んだ信者がいた。彼らは聖パウロ神学校の裏の空き地に住み、食料としてジャガイモを栽培していたことから、この地名がついた。しかし、・・・・

視頻中粵語的部分,可以請KENKIN TEI為您翻譯。
如果教授有興趣《茨林圍口述歷史》(2022)書籍,待我於清明假期返澳門後購置。
如有其他需要協助查找的資料,可以隨時給我訊息。
期待教授再次到來。
ビデオの広東語部分については、KENKIN TEIに翻訳を頼むのがよいでしょう。もし先生が『茨林囲口述歷史』(2022)という本にご興味がおありでしたら、清明(彼岸)の連休にマカオに戻ってから購入しようと思っています。その他、何かお探ししたい情報がありましたら、お気軽にメッセージをお送りください。
またお会いできるのを楽しみにしています。

《連載情報》 マカオの切支丹-茨林囲への途
(1) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2819.html
(2) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2832.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2833.html
(4) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2834.html

《関係サイト》
1.沈黙-サイレンス-
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2817.html
2.我们在香港~澳門 2024年3月
 香港(1) ロンドンバス 飲茶
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2804.html
 澳門(1) 香港護照 セナド広場 公仔囲・光復囲・幻覚囲 義順牛奶 黄杖記
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2805.html
 澳門(2) コロアネ島(アンドリューストア・船人街・泓記・ザビエル教会) 英記茶荘  
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2806.html
 澳門(3) マカオ都市大学との交流 茨林囲(元日本人キリシタン居住区)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2807.html
 澳門(4) 媽閣廟 鄭家 セナド広場ライトアップ
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2808.html
 香港(2) 出国 翡翠花園
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2809.html
3.テイ・ケンキン【修論】「小店の出自からみたマカオの多民族性に関する基礎的考察-言語・建築・フードスケープ」  *中間報告「マカオの景観保護と囲屋のリノベーション」 
 概要前編(2023) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2657.html
 概要後編(2023) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2664.html
 中間報告(2022) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2515.html            
4.魚谷侑磨【卒論】「マカオの小店街とエッグタルトの風景 -旧ポルトガル植民地の町並みとフードスケープ」 *中間報告「租界島マカオのエッグタルト-西洋食文化の中国への定着と変容」
 卒論概要(2022) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2521.html
 中間報告(2021) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2449.html             
4.聖誕澳門 2006年12月
(Ⅰ)スタバ タイパ島(ダンボ)
http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-818.html
(Ⅱ)セナド広場 石敢當 媽閣廟 
http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-819.html
(Ⅲ)廬家 媽閣廟 タイパ島(ガロ)
http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-822.html
(Ⅳ)鄭家 媽閣廟 コロアネ島(アンドリューストア、船人街、ザビエル教会)
http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-823.html
(Ⅴ)香港 土地廟
http://asalab.blog11.fc2.com/blog-entry-818.html
5.マンダリン・マカオ 2017年12月
(1)廬家 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html
(2)鄭家 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1438.html
6.2021 いい加減に学ぶ中国語講座(澳門)
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2411.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2413.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2421.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2425.html
(5)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2426.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR