fc2ブログ

東鯷人cafe(第2回)のお知らせ-予報2

第2回 東鯷人カフェ チラシ


チラシ完成!?
 
 第2回東鯷人カフェのチラシが完成しました。パワポ制作は元主将、ナマズのイラスト描画はOG(オージー)の自筆です。OG描くナマズキャラはナマG(ナマジー)と命名しました。大変よい出来になったと喜んでいますが、さきほどレイアウト比が16:9になっていることに気付きました。パソコン上では問題ないのですが、紙焼きはどうしようかな。A4用紙は4:3ですからね。モデルは4:3で示したのに16:9で仕上がってしまいました。ひょっとすると、これは素案で、また更新するかもしれませんが、出来自体はよいので、とりあえずアップします。制作に携わった2名には感謝!!

東鯷人カフェ(第2回)-ナレズシと鯰:郷土史からアジア史まで

 全税共の助成による研究活動「ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興」の一環として、6月12日(水)午後、東鯷人cafe(第2回)を本学まちなかキャンパスで開催します。フナズシ研究の第一人者、橋本道範先生(滋賀県立琵琶湖博物館)を招聘して、最前線の研究成果を講演いただくとともに、先月試作し発酵中の「鯰ナレズシ」を参加者全員で試食し、意見交換しようというワークショップです。日程・会場・次第等は以下のとおりです。

1.日時: 6月12日(水) 13:00~16:00(定員25名、要予約)
  飲み物・軽食付きカフェ形式の気楽な講演会です(無料)
2.会場: 公立鳥取環境大学 まちなかキャンパス
https://www.kankyo-u.ac.jp/about/alliance/machinaka/
3.次第:
13:00-13:30 浅川 滋男(公立鳥取環境大学教授)
   趣旨説明:因幡のナレズシ概観~鯰ナレズシづくり(仮題)
13:30-14:45 橋本道範(滋賀県立琵琶湖博物館専門学芸員)
   ナレズシの起源・拡散から琵琶湖フナズシの洗練化まで(仮題)
14:45-15:20 鯰ナレズシ 試食会
15:20-15:50 意見交換
15:50-16:00 閉会挨拶 

4.主催: 東鯷人ナマズ食の会    
  事務局・問い合わせ先: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ
   e-mail:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp  本ブログにコメントしていただいても構いません。

 多数のご来場をお待ち申し上げます。


橋本道顔写真1 (4)

◆講師紹介
橋本 道範(はしもと みちのり): 滋賀県立琵琶湖博物館 研究部 専門学芸員
1965年 岡山市生まれ。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科国史学専攻博士後期課程中退 京都大学博士(文学)。日本中世史専攻。
琵琶湖漁撈と魚介類消費を中心に自然と人間との関係史を研究している。主な著書に『日本中世の環境と村落』(2015)、『自然・生業・自然観: 琵琶湖の地域環境史』(2022)などがあり、編著『再考 ふなずしの歴史』(2016)は第30回「地方出版文化功労賞・奨励賞」を受賞している。


photo_橋本道範著書02ふなずし photo_橋本道範著書03中世の photo_橋本道範著書01自然

【環境大学まちなかキャンパス】
〒680-0833 鳥取市末広温泉町160
日交本通りビル3階301号室(まちパル鳥取3階)
TEL:0857-30-5501 FAX:0857-30-5503
E-mail:machicam@kankyo-u.ac.jp
*駐車場は以下をご利用いただけば、駐車券を配布いたします。

◆本通りパーキング(鳥取市栄町)◆
本通りパーキング

《参考サイト》
◆栗東市大橋三輪神社 ドジョウ(+ナマズ)のナレズシ ブログ
https://note.com/happytarokotaro/n/n90b8c0c87b3e
http://funazushinokabe.com/archives/2807

《連載情報》 東鯷人cafe(第2回)のお知らせ
予報1 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2836.html
予報2 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2840.html 

《関係サイト》 LABLOG
1.鯰のナレズシ 早くも試作
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2828.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2829.html
2.鳥取県東部のナレズシ
(1)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2826.html
(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2825.html
(3)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2830.html
(4)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2831.html
3,ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興
(1)採択 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html
(2)表彰 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html
(3)2024大学院歴史遺産保全特論 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2822.html
4.東鯷人cafe(第1回)満員御礼
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2796.html
5.ナマズ食に係る活動記録-2023年度前期「歴史遺産保全特論」
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2700.html
6.東鯷人ナマズ屋 環謝祭
10月14日(土)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2678.html 
10月15日(日)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2679.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR