fc2ブログ

第25回六弦倶楽部練習会

0929六弦倉吉01


尾崎家住宅公開講演に係わるミーティング

 三朝シンポジウム終了後、調査官は足早に会場を去られた。5時代のフライトが迫っていたのである。残されたわたしたちはといえば、まずセッつぁんに射的の景品を渡した。喜んでくれたような気がする。
 それから10月12日に迫っている尾崎家住宅公開講演のための打ち合わせをすることになった。若いご当主が来場されていたからである。会長の案内で、クラシックカーの展示されたカフェに移動。そこで協議した結果、講演の会場を住宅のドマではなく、安楽寺本堂にするのが良いのではないか、ということになった。なにせ、演題は「尾崎家住宅と安楽寺」ですからね。わるくないアイデアだ。
 それから倉吉市内にある某町家へ移動。翌日、倉吉で六弦倶楽部の練習会が開催されることになっている。いったん鳥取の下宿に戻って、また倉吉にやってくるのも面倒くさいので、28日は帰宅せず、某町家に泊まることにした。まずは鍵を受け取りチェックイン。夕食は関金のサテンドールに決めていた。シンポジウムでのシノギがそこそこあり、サポートしてくれた学生たちにニジマスのムニエルを馳走したかったのである。関金まで行くのだから温泉に浸かろう。三朝温泉の朝湯は短時間であがったが、夜の関金温泉は「湯命館」でたっぷり長風呂してやった。倉吉に戻り、ワイファイのある店を探したのだが、ついにみつからなかった。ブータンではiPadの感度がよく、セブンやXPのパソコンが不通の場合でもiPadでワイファイに忍び込めたのに、倉吉では駄目だった・・・じつは平田から電話が入っており、報告書の最後の詰めの段階で結構大きな修正を余儀なくされているところがあり、メールを確認したかったのだが、かなわなかった。後期は始まっている。いつまでも報告書にひきづられるのはまずい。


0929六弦倉吉02 0929六弦倉吉03


今年も淀屋で練習会

 町家で12時ころ眠りに落ち、8時半に目覚めた。まるで普通の人のような生活ではないか。赤瓦10号館の「天女の泉」という喫茶店にモーニングがあると聞いたので、町に出る。快晴。気持ちいい。まもなく玉川の畔で自転車に乗る人影がわたしに迫る。会長だ。『遙かなまち』にでてくる漫画の一コマのような風景であった。二人して「天女の泉」にしけ込むが、会長は財布をもっていない。ホカノや患者がよく使う手である。もちろん奢ってあげたぜ~
 淀屋にはすでに六弦倶楽部の会員が2名やってきていて、PAのセッティングを始めていた。なにかお手伝いしようと願いでたのだが、なにぶん機械音痴なので、あまりお役に立てない。練習会は12時からということになっているが、なかなかメンバーが集まらなかった。わたしはその時間を利用して平田の原稿を推敲した。かなり手をいれた。これが限界だな・・・これで駄目なら割愛しよう。
 練習会は13時にスタートした。集まったのは8名。昨年は弾き語りやフォークバンド編成が多かったが、今回はインストが主流で、歌を唱ったのは私とチョトロク会長だけ。全体にバラードが多く、大人っぽくてよいのだが、バラードばかりだと眠たくなるよね。


0929六弦倉吉06 0929六弦倉吉09



0929六弦倉吉08 0929六弦倉吉07


 細かいこと書いても仕方ないので、演った曲だけ記録しておきます。

  1.オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート
  2.アンド・アイ・ラヴ・ハー
  3.ふたり
  4.天国への階段~木蓮の涙
  5.ブルーゼット

 1~3まで1回め。2回めの直前にガットギターの5弦がなんの前触れもなしに切れるという信じがたいトラブルが発生し、4~5はセッツァン(ゼミの女子学生じゃありませんよ、米子のおじさん)にテイラーの凄いギターを借りて演奏させていただきました。4~5は本来ギタレレで練習してきた曲なんですが、テイラーのレギュラーチューニング5カポでやってみました。音は素晴らしいのだけど、やっぱりギタレレとはネックの幅も長さもちがうから、なかなか上手くいかない。5は途中挫折した。次の水鳥公園ではうまく口笛とあわせてホィッスルギターしてみようと思います。(完)


友部まさとIMG_20130926_202353
↑10月6日、友部正人が倉吉でライブするようです。会場は元キンダーガーデン(リチャード・ピアス宅)となっています。元幼稚園で、いまは外国人のお家なの?

 【御礼】 いつものことですが、山陰ギターオフのサイトから写真を転載させていただいております。よしださんに深く感謝申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR