fc2ブログ

竈は炉に如かず

 ちょっとしたことが気になって、久しぶりにアクセスランキングを覗いてみた。FC2ブログの学校教育部門におけるLABLOGとLABLOG 2Gのアクセス数を比較してみよう。更新日時:2013/11/29 05:55のデータ。

LABLOG: asaさんのランキング
学校・教育 211位 (昨日:251位) / 14232人中
学校 38位 (昨日:45位) / 2884人中

LABLOG 2G: 浅川研究室さんのランキング
学校・教育 330位 (昨日:287位) / 13697人中
学校 61位 (昨日:53位) / 2755人中

 というわけで、LABLOG 2Gはサイト・オープン後1年半を経過してなおLABLOGのアクセス数に及ばない。両者あわせて100位というところだろうか。「未像の大国」というサーチワードでアクセスが上昇しているかもしれないと睨んでランキングをチェックしてみたのだが、変化らしい変化は確認できなかった。かつて全国6位のアクセスを誇った時代が懐かしいね。あのころ「塩崎綾」というサーチワードがしばしば上位にくいこんでいた。塩崎綾さんは関西を中心に活躍したタレントで、いまネットで確認したところ、今年の3月に結婚し、芸能界を引退されたようだ。
 彼女との出会いの場は「廃材でつくる茶室」であった。当時の「茶室」は破竹の快進撃を続けており、マスコミ各社に注目されていた。そのクライマックスは朝日放送の早朝番組であった。塩崎さんはその番組のレギュラーであり、茶室のレポーターとして本学までやってきたのである。2005年10月取材当時の4年生は2期生であり、塩崎さんを間近にみたピエール、ホカノ、西河、吉田、そして社長(ミヤモト)らはこぞって鼻の下をのばし大騒ぎになった。ホカノに至っては「あんな綺麗な人はみたことがありません」と口走る始末(後にスリランカでも同じ言葉を吐いた)。その後ながいあいだ「塩崎綾」はLABLOGサーチワードのトップ5を占めることになる。
 塩崎さんはたしかに綺麗なレポーターだったが、全国的にみればメジャーなタレントさんではない。さほどファンが多いわけでもないだろうに、どうしてこんなにアクセスを集め続けるのか不思議でならなかったのだが、どうやらある事件と関係しているであろうことがまもなく判明する。塩崎さんを連れてきた番組制作会社のディレクターが翌年逮捕されたのである。「催涙スプレー事件」として結構大きく報じられた。


 それから6年後のカニ漁解禁日。SFCの同業者が大学にやってきて、インタビューをうけた。背が高く髪の長い女性を連れていた。その美しい女性はとても大人っぽくみえたが、学部生だという(ただし留学経験あり)。表向き「録音係」という設定だったが、(なんだ愛人連れてきたのか)という妄想がたちまち湧いてきて、3軒めの酒席で思わずそう口走ってしまった。愛人説に対して彼女はケラケラ笑いながら「違います」と強く否定した。しかし、わたしと相棒は、半ば説教の口調になっていった。

  「愛人であろうとなかろうと、教員と女子大生が二人だけで鳥取くんだりまで
   来るのは良くないよ。疑いの目でみられても仕方ない」
  「えっ、そうなんですか?」
  「だよ。だって、同じホテルに泊まっているんでしょ?」
  「はい、でも、部屋は別ですから」
  「別でも駄目なの。絶対疑われてる」
  「へぇ、そういうものなんですか??」

 上手な演技だったのかもしれないが、本心を吐露すると、そのようにはみえなかった。二人の間にフェロモン臭い怪しさを感じ取れなかったのである。たとえば、4人で酒を飲むにあたり、彼女は引率者ではなく、必ずわたしの隣に坐った。長い髪がしばしば膝の上に垂れ下がり、恥ずかしながら、背筋が震えた感覚がまだ脳裏の片隅に残っている。酒はめっぽう強い。「瑞泉」の古酒がお気に入りで、ぬる燗の徳利が次々横になっていく。引率の教員は早くから居眠りをはじめていた。その男性に対して、彼女は「先に帰ってください」と言い捨て、さらに「わたし、もっと飲みた~い」とねだってみせた。流石にそれは拙いだろうと判断し、わたしと相棒はタクシーを呼んで、二人をホテルに送り返したのだった。

 3日前、京都在住の知人からメールが入った。メール嫌いで知られている人物だけに、いったい何かと思いきや、塩崎スプレー事件を十倍ぐらい増幅した大事件の発覚が記されている。まさに仰天の一言。しかし、容疑が真実なのか、嵌められたのかを知る術もなく、「録音係」の女性に、およそ一年ぶりのメールを送ることにした。
 彼女はパリに居た。2度目の留学中であるという。彼女も最近、情報を入手し驚き、残念だと書いてある。だれも真実を知らない。ただ、思う。「竈は炉に如かず」と。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR