fc2ブログ

2013年度研究実績報告(Ⅱ)

平成25年度鳥取環境大学学内特別研究

1.研究課題名:

   近世木造建造物の科学的年代測定に関する基礎的研究

2.研究年度: 平成25年度 
3.成果概要:

 文化財としての建造物はおもに「歴史的価値」と「芸術的価値」によって評価され、前者の場合、当初の建築年代がとくに重要な位置を占める。建築年代の判定にとって最も信頼性のある史料は「棟札」だが、「棟札」等の文字史料を残さない場合も少なくなく、多くは「様式」編年に頼ってきた。しかし、民家・町家の様式変遷は曖昧であり、年代の確定に困難を極めている。編年が確立されているかにみえる社寺建築の場合でも、編年の信頼性が著しく高いかといえば疑問符がつくであろう。このような状況を背景にして、近年、木造建造物の年代比定に科学的年代測定の手法を導入しようという動きが芽生えつつある。木造建築部材の科学的年代測定には、①年輪年代測定、②放射性炭素年代測定が適用されるが、「近世」の時間幅において建築部材の大半はクリ・ケヤキ・マツなどの広葉樹が多く、従来の年輪年代学の適用は難しい。このため放射性炭素年代測定に頼らざるをえないのだが、申請者は放射性炭素年代測定になお絶対的な信頼をもっていない。
 そこでまず棟札等により文化十年(1813)の造替が判明している鳥取市の聖神社拝殿(県指定文化財)の桔木の放射性炭素年代(ウィグルマッチ)サンプルを採取し、業者に年代測定を依頼したところ、樹皮直下の最終形成年輪(=伐採年)は西暦1793~1822年を示した。この年代幅は文化十年を含んでおり、放射性炭素年代測定の信頼性はある程度確認されたと考えている。
 このことを踏まえて、倉吉市の長谷寺本堂(県指定文化財・年代未詳)のサンプル採取・分析に着手した。長谷寺本堂の柱や大引等から5つのサンプルを採取し、炭素14年代を測定した結果、以下の2柱で室町中期(14世紀後半~15世紀前半)の年代が得られた。
  ①D05柱上端(カヤ属・最終形成年輪未確認・AMS法)
    1401(95.4%)1439AD
  ②E05柱上端(ケヤキ79年輪・最終形成年輪未確認・ウィグルマッチ)
    1351(95.4%)1399AD
 この2材は床上柱であり、樹皮直下の最終形成年輪を残していないが、木取りの常識からして最終形成年輪の外側に100以上の年輪があったとは考えられないので、おそらく15世紀前半、遅くとも15世紀末までの伐採材と推定される。長谷寺本堂内陣の厨子は室町後期(16世紀)の作とされる重要文化財であり、本堂が厨子に先行して造営された可能性が高まってきた。


 長谷寺の他の材は幕末の暦年代を示しており、天保3~5年(1832-34)の修復に対応する可能性が高い。このほか出雲市平田町の石橋家住宅等町家で4点、ブータンの僧院で10点のサンプルを採取したが、予算の関係で放射性炭素年代を測定したのは3点に留まる。今年度データを追加し、分析を進めていきたい。
 昨年度の大きな収穫は、総合地球環境学研究所(地球研)の中塚武教授が開発した酸素同位体比年輪年代測定との出会いである。この年代測定は、木材に含まれるセルロースの酸素同位体比(酸素18/酸素16)が年ごとに変動する現象を応用したものである。年輪幅に依拠する従来の年輪年代測定がスギ・ヒノキなどの一部の材種に限定されるのに対して、酸素同位体比の場合、変動パターンは樹種を問わない。もちろん中近世建造物の大半を占める広葉樹にも適用可能である。この新しい年代測定法に昨夏から注目し、中塚教授と連絡をとりあい、2014年1月8日、本学で中塚教授の講演会「新しい年輪年代測定法の誕生-酸素同位体比を使ってあらゆる木材の年代を1年単位でピタリと決める-」を開催した。また、現在、長谷寺に残る前身建物の巻斗の年代を地球研で測定中である。
 酸素同比対比年輪年代測定は未だ全国的な普及活用には至っていないが、安価で、分析に要する時間が短く、樹種を問わない利点などから、近い将来に年代測定法の主流となっていくであろうが、水分(降雨量)の多寡により地域差も認められる。山陰地域では、まだ測定データが少なく、これから誤差のすくない標準グラフを構築していく段階であり、中近世建造物だけでなく、縄文・弥生以降の出土木材を積極的に提供する必要がある。今後とも、鳥取県(文化財関係)と地球研の橋渡し役を務めていきたい。


  研究成果報告書
       
浅川滋男・原島修(編)『「長谷寺要用書記」翻刻 付録:長谷寺本堂建築部材の放射性炭素年代測定』
  平成25年度鳥取県環境学術費助成研究・平成25年度鳥取環境大学学内研究費助成研究成果報告書
  2014:56p.


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR