fc2ブログ

冬の地蔵祭

141221冬の地蔵盆⑤ 141221冬の地蔵盆③


四季の地蔵祭を河原町の風物詩に

 「第2回れきまち研究会」の翌日(21日)、倉吉市河原町で「冬の地蔵祭」が開催されました。四季のの地蔵祭を河原町の風物詩にしたい、という公民館長の願いのもと、去年始まったイルミネーションを今年も21日に行うことになったのです。お地蔵さんの掃除、地蔵ふれあい市(野菜市)も例月通り開催されました。


141221冬の地蔵盆② 141221冬の地蔵盆④


地蔵ふれあい市

 冬の地蔵祭では、地蔵ふれあい市での収益により「地蔵ぜんざい」の無料サービスが朝の10時と夕方の5時におこなわれました。オクトーバーフェストの「地蔵ぜんざい」がNHKで放送されたそうで、それ以来大人気になり、今回も100食分が提供されましたが、またたくまに完売してしまいました。また、朝の地蔵ふれあい市では新鮮な野菜や地蔵寿司(限定)が棚に並び、地域の方たちが制作したフラワーアレンジやお手玉が販売されました。私たちも販売を手伝わせていただきました。NPO法人明倫NEXT100の方たちも冬の地蔵盆に協力されており、はちみつを販売されていました。


141221冬の地蔵盆⑩   141221冬の地蔵盆①


141221冬の地蔵盆⑨ 141221冬の地蔵盆⑧


イルミネーション点灯

 イルミネーションは東地蔵がある五叉路を中心とし、西地蔵まで続く通りに施されていました。先週末に町の有志が集まって、ハンガーを星の形にしたイルミネーションを制作されたそうです。ところどころの住宅に設置されていました。西地蔵には竹で作られた大きなツリーが設置されていて、訪問者を魅了していました。
 夕方5時30分からのイルミネーション点灯式では、なんと私とセツさんが公民館長さんとともに点灯の儀式をおこないました。今まで河原町のさまざまな行事に協力させていただきましたが、地域の方と本当の意味で一緒に行事に参加できている実感があり、うれしい思いでいっぱいでした。


141221冬の地蔵盆⑥


 最後に、「これらか第2・第3の矢をそちらから放ってほしい」とお願いされました。私たちの代で支援を止めるのではなく、後輩たちにも引き継いでいってほしいと思います。研究室全体で河原町の活性化に繋げていけたらといいですね。(ユリ)


141221冬の地蔵盆⑦
↑西地蔵

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR