fc2ブログ

渡名喜(Ⅱ)

1125渡名喜01遠景01 1125渡名喜02地図01サムネイル


掘り下げ屋敷の民宿

 沖縄県島尻郡渡名喜村は那覇市の北西60km足らずのところに浮かぶ2つの島からなる。一つは渡名喜島、いまひとつは入砂島で、後者は無人島である。村の面積は3.74km²で、富山県舟橋村についで面積が小さい。いわばブービー面積の自治体である。
 11月末の摩尼寺紅葉コンサートを終えたころから、渡名喜行の準備をはじめた。何度か村役場に電話し情報を得るに、年末年始は荒波によってフェリーがしばしば欠航するようで、旅程を定めがたかった。渡名喜島に渡れるか否かは一種のギャンブルのようなものだったのである。とりあえずは那覇まで行く。あとはお天気任せだ。幸い気候は穏やかだった。本州西部で4~5月の気候と思っていただけばよいかもしれない。渡航日の波高は2m。これぐらいならしれている。隠岐のフェリーは長時間だし、神戸港~関空のフェリーは短時間ながら波は高く船はおおいに揺れた。
 フェリー琉球のなかで、わたしは波の震動をほぼ感じることなく、船内で読書し、まもなく眠りに落ちた。
 後に同じ宿に泊まることになる京都の女性2名はこの波に苦しんだらしい。一人は酔ったといい、もう一人は酔い止めが効いてなんとか凌げた、と吐露した。かりにケントが乗船していたらどうなっていただろうか。


1125渡名喜03米軍基地支援の車01


 25日の昼過ぎ、那覇の泊港を出航したフェリー琉球は渡名喜港に着岸した。島の周囲は遠浅の珊瑚礁に囲まれており、渡名喜港は人工的に掘削してできたものである。以前は、珊瑚礁の外側に大型船を泊め、そこから小舟に乗り換えるか、干潮時に歩いて陸に上がったという。
 港に着くと、民宿ふくぎのスタッフが出迎えてくれた。宿のヴァンには「沖縄米軍基地所在 市町村特別活性化事業」と書いてある(↑)。渡名喜島に米軍関係の施設があるようには思えなかったが、入砂島一帯は米軍の射撃練習場とされ、一般人の立ち入りは禁止されている。NHKの「ちゅらさん」はオープニング背景に、この入砂島を使った。


1125渡名喜04
↑フクギの屋敷林


1125渡名喜09二棟01 渡名喜地図


 村には4つの民宿がある(↑右)。24日、予約をいれると、2軒は年末休業、1軒は満室、残る「民宿ふくぎ」だけに空き部屋があった。はじめから民宿ふくぎに決めていたわけでなく、結果としてそこに落ち着いたわけだが、私たちにあてがわれた宿舎は古民家であった。畳部屋が2室。玄関も土間もなく、正面の縁の全体が入口となる。この点、八丈島の二間取りとよく似ている。別棟のカマヤに洗面所・シャワー・男女の厠をまとめる。いわゆる分棟型の住居である(↑左)。内装はほぼ新材に変えており、「鄙びた」という感じはしない。清潔感があるので、一般客には好評であろう。
 ふくぎの屋敷林より内側の宅地は道路から1mばかり下がっている(↓)。この点は、台湾紅頭嶼ヤミ族の住居とも似ている。丈の高いふくぎ林と沈んだ宅地で台風の風を避けるのである。穴を掘ると雨には弱いだろうと思われるかもしれないが、ふたつの岩山の間にできた砂の堆積地に村は立地しており、水はけは異常によいという。 

 かつてイングランドの田舎をレンタカーで旅したさい、最初に泊まったB&Bが中世古民家であったことを思いだした。みえない何かに人生は導かれているのかもしれない。【続】


1125渡名喜08 1125渡名喜07
↑道路と宅地のレベル差に注目

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR