fc2ブログ

報告書『思い出の摩尼』刊行!

報告書 表紙  報告書 裏表紙


 この報告書は、2012年度鳥取環境大学特別研究費「摩尼寺奥の院遺跡の文化資産保  護と環境整備計画」及び2014年度鳥取環境大学特別研究費「摩尼寺境内建造物の総合調査-登録文化財・登録記念物にむけて-」の成果をまとめたものです。摩尼山・摩尼寺の報告書としては、『摩尼寺「奥の院」遺跡』(2012)、『聖なる巌』(2013)に続く3冊目になります。おもに鳥取環境大学紀要に掲載した一連の論文を転載したものですが、「付録1」として昨年秋に開催した「摩尼寺紅葉コンサート2014」トークセッションの記録を掲載しています。わたしは付録1の紙面レイアウトを担当しました。報告書の編集は2月以降の約1ヶ月間でした。長いようで短く、なかなか苦戦しましたが、わたしなりに努力したつもりです。

 以下、図書情報です。

  書   名: 思い出の摩尼 -建造物の調査と景勝地トライアングルの構想-
  編   集: 浅川滋男
  発   行: 鳥取環境大学保存修復スタジオ  
  印   刷: 株式会社勝美印刷
  発 行 日: 平成27年3月31日
  総 頁 数: 83p.

 目次は「続き」に掲載します。入手希望の方はご一報ください。(ココア)


     平成26年度鳥取環境大学特別研究費助成成果報告書

   摩尼寺境内建造物の総合調査 -景勝地トライアングルの構想 -

  第1章 摩尼寺境内建造物の調査 
       (宮本・吉田・中塚・浅川)
  第2章 山のジオパークにむけて
      -摩尼山を中核とする景勝地トライアングルの構想- 
       (中島・浅川)
  第3章 甘露寺と福建省の古刹 
       (鈴木・中島・浅川)
  おわりに

  【付 録】
   付録1 思い出の摩尼
         -「摩尼寺紅葉コンサート2014」 トークセッションの記録  
        (浜田・浅川・棚橋・宮本)
   付録2 常忍寺本堂
        (浅川 ・佐々木・岡垣)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR